脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法 [Kindle]

著者 :
  • 文響社
3.55
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (246ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳の特性を理解して効率的にカスタマイズするイメージ。
    2倍というのはよくわからん。

  • 私には2倍は無理そうだった

  • なんとなく聞いたことがあった7つの脳内物質について、働きや役割など、詳しく理解できた。

  • 精神科医の著者が脳を効率的に動かすための具体的な方法を、7つのホルモン(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、アセチルコリン、メラトニン、エンドルフィン)にに基づき紹介したもの。

    7つのホルモンの働きをよく知ることができた。

  • 能力を高めるために自分の身体の中で何が起きてるか知る必要があります。
    その時ヒントになるのが7つのホルモンです。
    ドーパミン「モチベーションの源」
    ノルアドレナリン「闘争と逃走のホルモン」
    アドレナリン「闘争ホルモン」
    セロトニン「心に冷静と落ち着き」
    メラトニン「睡眠物質」
    アセチルコリン「発想力と集中力」
    エンドルフィン「悟りの境地」
    があげられます。

    「幸せは脳内にある」
    ドーパミンは人間の学習、行動の動機付け、環境への適応と密接に関わっていると書かれています。
    それではどうやってドーパミンを出すか。
    やり方はエンドルフィンの出し方と同じようです。

    ①長期目標と短期目標を設定する
    ②今日やるべきことを可能な限り詳しく③Todoリストに落とし込む
    ④Todoリストの各項目に制限時間または終了時間の目安を入れる
    ⑤終了したTodoリストを消しこんで進捗状況を把握する
    ⑥チャレンジ精神を大切にする
    ⑦適度な難易度の課題を設定する
    ⑧仕事に必要なスキルを日頃から磨いておく
    これらは自己啓発本によくある方法です。
    ということは自己啓発本に書かれていたのはエンドルフィンとドーパミンをどうやって出すかということやったと言えると思います。

    「次に何をやろうという疑問が一番集中力を妨げる」
    エンドルフィンとドーパミンを出すためにやってるのは次にすることを考えずにやる体制をつくることやと思います。
    僕も朝シャツやスーツを選ばなくて良いように段取りしてます。
    それは集中力を高めることやったんやなあと思います。

    アドレナリンは身体機能や筋力などを一時的にアップします。
    また集中力や判断力を高める効果もあります。
    「心臓がドキドキしたら成功すると思え」と書かれていました。
    基本的に緊張しないタチですがよく考えたら緊張を越えて開き直るのが早いんやと思います。

    メラトニンは睡眠に関わります。
    著者はパワフルに活動する人とそうでない人の一番の違いは睡眠と書かれています。
    睡眠は時間の長さではなく「熟眠感」があるかないかということやそうです。
    仕事の夢見るし熟眠感はないかなあσ^_^;

    最後に本書で一番腑に落ちたところです。
    「感謝の心を持てる人が成功する」
    人に感謝して感謝されるとエンドルフィンが分泌されるそうです。
    エンドルフィンはシナプスの可塑性を高める
    シナプス同士の結合する柔軟性が上がると信号の通りが良くなる結果として学習記憶の効率が高まる。
    日頃の態度でエンドルフィン分泌体制を作れるってことです。
    これからも感謝の心を忘れないようにしていきたいと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法のその他の作品

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
冨田和成
ジャレド・ダイア...
ナポレオン・ヒル
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする