映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.27
  • (17)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 108
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (166ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだか舞台の高校が夢に出てくる風景みたいな気がする。なんでか知らんが。

  • 鬮俶?。逕溘?驛ィ豢サ縺ァ縺ョ繧「繝九Γ菴懈?縺ョ隧ア縲りィュ螳壼多縺ァ閭梧勹諡?ス薙?豬?拷縺輔s縲∬ヲェ縺御ソウ蜆ェ縺ァ閾ェ霄ォ繧りェュ繝「繧?▲縺ヲ繧倶ココ迚ゥ諡?ス薙↑豌エ蟠弱&繧薙?√♀驥大多縺ョ驥第」ョ縺輔s縲ょヲ?Φ險ュ螳壹′縲取悴譚・蟆大ケエ繧ウ繝翫Φ縲上▲縺ス縺?↑縺ゅ▲縺ヲ諤昴▲縺ヲ縺溘i菴應クュ縺ァ繧ょ?縺ヲ縺阪※縲√?縺翫♀縺翫♀縺」縺ヲ縺ェ縺」縺ヲ繧九?ゅ↑繧薙°螫峨@縺?シ

  • 現実から解き放たれ、想像し、創造して、世界を構築する。
    錆びれた古代都市、得体の知れない人々、利便性よりもときめき優先のメカ群…。
    空想するのって、妄想するのって、すごく楽しい!
    この衝動をずっと持ち続けられること。
    それを才能というのだろうな。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    いやあコレはなんというかスゴいな。
    面白いんだが情報量が多すぎて一気に読めない。
    まあむしろ一気に読まないほうがいいのかもしれないが。
    いやホント面白いんだが、タイトル通り手を出しちゃいけないような(笑)
    これは続きをぜひ読みたいのだが、気力体力が充分備わってるときでないとムリ。
    もうちょっとヒマになったら購入を検討だな。
    でもホント超面白い。
    疲れるけど。

  • 実験的手法を使われていて、セリフの吹き出しが3D的に立てたり傾けられたり。写真のように手前のものをblurでボカす(吹き出しも一緒に)というのも、あんまり漫画では見ない。もっとも、そういった手法はただ読みにくくしてるだけたと思うが。

    ストーリーもまあまあよくある

  • ストーリーの導入部としても読者の期待をもたせて掴んで離さない魅了的なハッタリの〆も引きも素晴らしく完成された1巻。
    漫画の可能性をも感じさせる表現に映像という題材がマッチしていて読んでいてまだまだ漫画にもやれることはあるのだと感じさせる台詞の吹き出しの配置や俯瞰のカメラワークなどで奥行きや空間を創り出す手法は漫画を読んで斬新な技法だと感じたのはいつ以来だろうか。
    そして、妄想、空想から設定画に膨らむ没入感と映像(アニメ)を手掛ける為の部活動にリンクして綯い交ぜに物語が推進していく様や映像研の面々も役割がはっきりしていてそれぞれの立ち位置からの目線ややり取りで熱を帯びて物語に勢いを付けていくが実に愉快。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

大童澄瞳(おおわら すみと)
1993年、神奈川県生まれの漫画家。東洋美術学校絵画科卒業後に、アニメーションを学び、コミティア111にて漫画を出品。それが編集者の目に入ったことから、『月刊!スピリッツ』にて『映像研には手を出すな!』を掲載、デビュー作となる。同作は「ブロスコミックアワード2017」大賞、「俺マン2017」第1位、「マンガ大賞2018」第9位に選ばれるなど非常に高い評価を得ており、2019年5月にアニメ化が発表された(放送時期未定)。5月10日、『映像研には手を出すな!』4巻を刊行。

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)のその他の作品

大童澄瞳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする