水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (215ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとう栄転と思いきやまた罠に嵌る。
    子供問題など時事ネタを絡ませる方法は流石。
    読んでいて勉強にもなった。

  • 水鏡瑞希シリーズ第五弾。
    前作からたった2ヶ月。松岡圭祐、手が早いにも程があります(^^;)。
    ついていくのが正直大変なんですけど(^^;)。

    水鏡瑞希さん、5作目にして異動。これまで勤務した文科省の
    「研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォー
    ス」から「研究公正推進室」へ。物語の性格上、「不正を暴く」と
    いうのは変わりようが無いので、ちゃんといつも通りの展開になる、
    と先に言っときます(^^;)。

    今回のネタは「核融合」。
    ・・・いやぁ、もういきなり解りません、相変わらず(^^;)。かんたん
    に言えば水素をエネルギーに変換するときに起こすアクションの一
    つで、この研究に予算が出る・出ないの攻防戦。こういうすっごく
    固いネタに、「少子化問題」を絡め、ある程度解りやすくしてくれ
    るところがさすが。おかげで読んでいる最中には自分が核融合研究
    のエキスパートみたいな気分になるから不思議。まぁ、読了後しば
    らくするとなぁんにも理解してない自分に気付くのだが・・・。

    水鏡シリーズはどれから読んでも全く問題の無いシリーズだが、
    少なくとも今作は小難しいテクノロジーの話と切ない人間ドラマが
    絶妙のバランスで同居しているから、初心者でもOKかと。しっか
    り進化してるなぁ、このシリーズ♪

    ところで、「核」を示す英語をカタカナで書くと、「ニュークリア」
    なのね。昔は「ナックリアー」と記載する人が多かったんだけどなぁ・・・。
    「ナックリアーフュージョン」の方がカッコイイ気がする、語呂的
    には。

  • 水鏡シリーズ第5段。今回は核融合による次世代エネルギーがテーマ。また、家族との関わりや不妊についての話も織り交ぜられていて、親しみが持てる。瑞希が普通の女性として思い悩む様にも共感。
    核融合という難しいテーマでも、主人公の知識不足という形で、わかりやすく解説してくれているので、比較的理解しやすい。

全3件中 1 - 3件を表示

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする