AIの遺電子 4 (少年チャンピオン・コミックス) [Kindle]

著者 :
  • 秋田書店
3.83
  • (5)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雉「閠??繧ソ繝ウ縺ォ隨代▲縺溘?ゅ↑繧薙〒蜊願キ乗?晄Α蜒擾シ溘??縺昴l繧ょコ?嚀蟇コ縺」縺ス縺??ゅ◎繧後→縲∝」イ繧後↑縺?判螳カ縺ョ辷カ縲、I縺ョ豈阪→縺ェ縺」縺溷・ウ諤ァ遐皮ゥカ閠?→縺句ョカ譌上′邨。繧薙〒縺上k縺ィ縺舌▲縺ィ螂・陦後″縺悟?縺ヲ蛻?k豌励′縺吶k縲ゅ◎縺励※繧ゅ▲縺ィ髟キ蟆コ縺ョ繧定ェュ繧薙〒縺ソ縺溘>縺ィ諤昴≧縲

  • ついに、禁断の仮想彼女ネタ登場。
    思春期男子真っ青です。
    この本、預言書だよなぁ。

  • 3巻で少しダレた感じがしたが、4巻はまた良くなっている。奥が深い。

  • -

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山田胡瓜 KyuriYamada
漫画家。IT記者としての活動の傍ら作品を描き続け、
2012年、『勉強ロック』で「月刊アフタヌーン」アフタヌーン四季大賞を受賞。
2013~2015年に「ITmediaPCUSER」に連載した『バイナリ畑でつかまえて』で注目を集める。
2015~2017年に「週刊少年チャンピオン」で連載された『AIの遺電子』は、人間そっくりのヒューマノイドを治療する医師を主人公にした、
AIと人の関係を描く近未来SFコミックとして、各方面に大きな反響を呼ぶ
(単行本は秋田書店から、全8巻で完結)。
2017年より「別冊少年チャンピオン」にて、『AIの遺電子REDQUEEN』の連載をスタートさせている
(単行本第1巻は、2018年4月に秋田書店から刊行予定)。

「2018年 『バイナリ畑でつかまえて 新編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田胡瓜の作品

ツイートする
×