妹さえいればいい。6 (ガガガ文庫) [Kindle]

著者 : 平坂読
制作 : カントク 
  • 小学館 (2016年12月25日発売)
3.60
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

妹さえいればいい。6 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 告られて振ったり
    告って振られたり
    ラジバンダリ.
    新たなる段階に進んだ人間関係.
    そしてレーベルの新人賞授賞式で
    熱い感じの後輩が出てきましたね.
    かつて皆さんが通った道なので生暖かい目で見てたようですが.
    彼女がただのフォロワーで終わるのか,
    それともオリジナリティを獲得していくのか,気になりますね.

    そういえば,今回は妹キチガイな作中作が出てこなかったね.
    あの気持ち悪さ,僕は嫌いじゃなかったんだけどな.

    プリケツ先生が天才と名高いピカソの作品に触発されてしまった.
    僕らにはその芸術性はよくわからないけど
    天才は天才の事がわかるということだろうか.
    一体彼はどうなってしまうのか.
    てかピカソな画風でラノベイラストを描いてしまうのか?
    私,気になります!

  • 平坂さんの筆力でなんとなく読んでます。でも、社会人が登場人物のラノベってなんかワクワクしないんだよなあ。なんでだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

妹さえいればいい。6 (ガガガ文庫)のその他の作品

平坂読の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

妹さえいればいい。6 (ガガガ文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする