生産性 [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.15
  • (28)
  • (47)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 351
感想 : 38
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (247ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マッキンゼー出身の経営コンサルタント(社会派ブロガーちきりん氏と同一人物説あり)の書いた、仕事における「生産性」論

    ■概要
    ・生産性 = 得られた成果 ÷ 投資した資源(労力・お金)
    ・目指すべきは労働時間削減ではなく、「生産性の継続的な向上」
    ・仕事のできる人というのは、自身の業務を他の人でも可能になるように言語化(定型業務化・オペレーション化)して下位者へ引き継ぎ、自分はより創造性の必要な(イノベーティブな)業務へチャレンジ
    ・労働時間が長く忙しそうに見える人より、早く終わって余裕そうに見える人の方が評価されるべき(同レベル・量の仕事分担という前提だが)。会社側の意識を変えることが必要。
    ・マネージャの仕事とは、トレードオフが存在する状況において判断を下すこと

    ■感想
    僕も労働時間は長い方だけど、数年前と比べて、定型業務と創造性が必要な仕事とで、前者を減らして後者を意識的に増やしてきたつもり。新規または創造的な仕事をしている時は、没頭できるのでそれほど苦にならず、生産性もモチベーションも高い。

    万人がそうすべきとは言わないが、定型業務よりも、新規で創造性を用いる仕事にやりがいを感じる人は、この本の考え方を自己の仕事に取り入れていくのが、会社や社会の押し付けではない「働き方改革」になるのではないか。

  • 文章も読みやすく、面白かったー!
    自分が生産性を上げていくためにどうしたら良いのか考えるきっかけになった。
    でも実際に行動しないと変えられないと思うので、行動を変えていきたい。

  • ■概略
    生産性向上の重要性、考え方、テクニックについて書かれた本
    生産性=成果/投入資源量
    生産性を上げる方法は、成果(成果額)を上げるか、投入資源量を下げるかの二択
    生産性を上げる方法として、非効率な部分を改善する(=定型作業の自動化など)の方法がとられがちだが、そうではなく個々人の生産性を上げて投入資源量を抑えることが重要
    生産性の向上=その人の成長
    ※本書にはイノベーションにより付加価値を上げるという方法も、個人の生産性をいかに上げることのほうが前面に出ていた印象
    ■感想
    生産性の向上が付加価値の最大化につながる。まず足元の生産性を上げるのが重要。というのは、正論過ぎて「そうですね」という感想しか残らなかった。
    前作の「採用基準」が好きだったので、本作もあの熱量を期待していたがちょっと違った(違うから悪いではなく、熱量の方向性が違った)

  • さーせん!

  • 【要約】
    「生産性=アウトプット(付加価値)÷インプット(コスト)」
    生産性は生産における現場だけで大切なわけではなく、例えば「人材採用」や「マーケティングと」いった部門でも重要視されるべき考え方だが、日本では軽視される傾向にある。
    本書はその問題を解決するために書かれた一冊だ。

    生産性を上げるためには4つの方法がある。
    ①改善によってコストを削減する
    ②革新によってコストを削減する
    ③改善によって付加価値を上げる
    ④革新によって付加価値を上げる

    日本では「改善によってコストを削減すること」=「生産性を上げること」だと思われがちだ。
    しかしながら大切なのは、革新によるコスト削減や付加価値向上のほうが成果へのインパクトが大きいということである。
    だから我々は「革新」を目指す必要あるが、そこには「十分なモチベーション」と「考える時間」が必要になってくる。
    そこで手順としては、まず「改善」によってリソースを確保し、その確保したリソースを「革新」のために充てていくというのが一般的になるだろう。

    3章~6章ではマネジメントが組織の成果を最大化するためにすべきことが記されている。
    大切なことは3つ
    ①評価を生産性をもとに行なうこと
    ⇒量ではなく、「付加価値÷投入資源」の考え方
    ②2:8:2の法則を意識した人材育成を行なうこと
    ⇒上位2割には【特別な育成プラン】
    ⇒中位8割には【上位2割とは別の成長の機会】
    ⇒下位2割には【組織に必要だというメッセージとフィードバック】
    ③組織の成果を最大化させることこそが自身の役割だと理解し、そのために必要なプロセス・資源の管理を行なうこと(人材育成も含む)

    7章~9章では実際のビジネスの現場で生産性を上げるための方法が「研修」「資料」「会議」という視点から更にチャンクダウンして記されているが、ここは割愛する。

    【感想】
    コロナ禍の今だからこそすべてのビジネスマンが読むべき書籍

  • スーパーブロガーでもあるちきりん先生の著書。マネジメントや組織の観点から生産性について論じた本。
    文章力の高さが異常なので、すいすい読める。

    ・生産性=得られた成果 ÷ 投資した資源(労力・お金)
    ・目指すべきは労働時間削減ではなく、「生産性の継続的な向上」
    ┗ 生産性の向上せずして労働時間の短縮を図るなど、実にナンセンス
    ・仕事のできる人というのは、自身の業務を他の人でも可能になるように言語化(定型業務化・オペレーション化)して下位者へ引き継ぐ
    ┗ 自分はより創造性の必要な(イノベーティブな)業務へシフトすることを心がけている
    ┗ 勘違い人間と違い、きちんと業務を仕組み化したうえでイノベーティブ分野も手掛ける
    ・生産性3%向上(インプルーメント)と、3割向上(イノベーション)はどちらも心がけることが大事
    ┗ 業務や目的だけではなく、不満に対し3%の改善と、3割の改革を考えることでも能力アップ
    ・上司は部下の最終結果を褒めるだけでなく、どれくらいの時間を要したかを聞き、生産性も評価すべき
    ┗ オフィスワークにもストップウォッチを持ち込み、投入時間を可視化するべき

  • マッキンゼーって、ここまで生産性を高めることにこだわり、それを極めているのか、と驚いた。

    P44 コスト削減(時間短縮)は生産性の4つの領域のひとつにすぎない

    P53 法律上、ビジネス上、社会制度上、経済的なのイノベーションは、すべて非技術的なイノベーション
     例)貨幣制度の確率、取引所の確立 、戸籍・住民票制度、裁判制度、株式会社=有限責任制度

    P56 ビジネスイノベーションが起こるには、その源として常に「問題認識」と「画期的な解決法への強い希求心(その問題をイッキに解決したい!!!)」の二つが必要。

    例)人材採用:
     問題認識:書類審査や適性検査を先にやることで、素晴らしい応募者を落としてしまっている可能がある

     解決法への希求:書類審査や適性検査に匹敵するほど生産性の高い面接方法を何とか考え出せないか?

    P58 「とにかく4倍の生産性の実現を!」と考えてみる。(キャンディを4倍の値段で売る方法)

    ★P78 今後の成長のための投資や新しいチャレンジもすべて労働時間内でやりきれるようになる(そうしないと、個人生活が犠牲になる)

    P82 生産性の計測、評価
     ・一定の成果を生み出すためにどれだけの資源が使われたか(比率)
     ・一定の資源を使って、どれほどの成果を生み出したか(比率)
     ・この比率を、昨年よりどれだけ上げたか、という変化率を評価に使う

    P134  
    ×忙しいから部下育成できない
    〇忙しいから、早く部下育成しなければ!

    P158
    リーダーは、3%と3割の生産性向上を実現するためのリーダーシップを発揮せよ。

    P165
    マネージャーの仕事は
     ・決断をすること 
     ・リスクに備えておくこと

    P180 ロールプレイングの実際(略→でもおもしろい!)
    ・お客、営業(本人、上司)、タイムキーパー、フィードバック担当

    ・役割カード

    P190 資料作成

    ・最初はブランク資料(=設計図!重要!)を作る
     ・目次
     ・各ページの内容
     ・図表、コメント
    ・情報の集めすぎを避ける

  • カット、イノベーションでのカット、向上、作業あたりの付加価値の向上

    モチベーションを下げるのはあたなに期待してるというメッセージが伝わっていない(業務内容、言葉、環境、評価

    まずこの仕事は無くせないか、自動化できないか?

    生産性3%はインプルーメント、3割はイノベーション

    マネージャーは決断し、リスクに備えておくこと。

  • 主にマネジメントや組織の観点から生産性について論じた本。
    生産性を高めるためのマインドセットが幅広に紹介されている。言われてみれば当たり前のことなんだけど、実際の職場のことを振り返ってみると「出来てないなぁ」と思うことが多い。具体的なノウハウと言うよりは、考え方の点で勉強になる。

    印象に残った内容は次の通り。
    ・イノベーションと生産性は対立するものではない。生産性を向上させ、オペレーショナルな作業にかかる時間を減らすことで、「Time for innovation」を増やす。前者には生産性を積極的に持ち出すべきで、後者に生産性を持ち込む必要はない。
    ・イノベーションを生み出すためには制約が必要。思考というのは、制限をバネにしてこそ、「異なる次元」に入っていける。
    ・成長とは、生産性が上がること。
    ・上司は部下の最終結果を褒めるだけでなく、どれくらいの時間を要したかを聞き、生産性を評価すべき。
    ・仕事の達成目標も成果も生産性を尺度にするべし。
    ・オフィスワークにもストップウォッチを持ち込み、投入時間を可視化するべし。
    ・資料を作るときは、まず「ブランク資料」を作れ。資料作成を必要十分なレベルで止めることと、中途半端なままで投げ出すことは違うが、完璧主義者はこれを勘違いしがち。
    ・会議は達成目標を決めろ。決断力をつけるために、ポジションを取る練習をしろ。

    マネジメント側になることがあれば、また読み直したい。

  • 貸出可能です!(2020/6/9現在)

全38件中 1 - 10件を表示

伊賀泰代の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×