乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.30
  • (24)
  • (22)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 233
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (231ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冒頭の4コマが微笑ましくて、これはこれでずっと読んでいたい。は、さておき。カルルクさん家に居候中のパリヤさんの話が引き続き。近い年頃のカモーラさんと友達になり、パリヤさんの感情処理が追いついていないのは明白で。ウマルさんとの婚礼は、結婚できるという嬉しさもあるだろうが、少なからず嫌いではないようで。「そりゃこんなこともあろうかと木だって用意してたに決まってますよ」パリヤさんの照れ隠しが微笑ましいやら照れくさいやら。

  • パリヤの師匠との脳内会話に笑った。パリヤよく言った! 協力する中でウマルがパリヤに惹かれていくシーンが良い。大きく進展した二人が微笑ましい。

  • パリヤさんが段々理解されていく話。ウマルさんとウマが合うようでよかった。このように人は収まる時に収まるところに収まるのかなあ。
    先にも書いたけど、婚姻前の男女が普通は一緒にいないとか、若くして(現代の基準ではむしろ幼い)婚姻するとか、この辺りは違いを感じるわけです。

  • 繝代Μ繝、縺。繧?s縺ィ繧ヲ繝槭Ν縺上s縺ョ繝峨く繝峨く驕謎クュ險倥?ゅヱ繝ェ繝、縺。繧?s縺ィ螂ウ蜿矩#縺ョ繧、繝ゥ繧、繝ゥ蟶?髪蠎ヲ縲ゅ→繧ゅ°縺上ヱ繝ェ繝、邱ィ縺ッ邨ゆコ?↑縺ョ縺九?ょ錐谿区?縺励>縲

  • 表紙から明らかなように,主にパリヤさんとウマルさんの恋の進展物語。冒頭に動物たちとの関わりを描いた「いきものがたり」という番外編。途中でアゼル一行のその後のことなど挟まるが,誰がどこでどうなったところだったのか時間が空きすぎていてそろろそ最初から読み直さないといけない段階という気がした。

  • 結婚を夢見るパリアとウマルの微笑ましく、ほのぼのとした日常の中で、絆は着実に育まれましたね。何気ない日々の暮らしから、いきいきした人物の造形を見せる森薫さんの手並みはお見事です。そして、遊牧民の文化の掘り下げて紹介してくれます。一年待った期待を上回る仕上がり。このテイストが好きですね。とても楽しく、笑顔で読みきりました。

  • 添い遂げる幸せとはなんだろうなと思ったときにパリヤとウマルとの間に流れる時間を眺めているとこういうことなんだろうなぁとしみじみと。
    恋愛ものとして甘さを加味しつつも、嫁ぐことの意義、パートナーとして一緒に生きていき、共に支え合っていく生活が根底にあり、そのための自立、成長がパリヤ編ではパリヤの不器用さも相まって物語に落とし込められ、丹念になぞられている。
    特に劇的な恋愛が行われてる訳でもなく、好きだとか愛しているとかいう甘い囁きもないが、バチッバチッと瞬間瞬間に惹かれ合う瞬間が訪れるシーンはささやかとだが、然しそれはとても力強く濃密に流れている。この瞬間が美しくも尊い。
    あのひとのために想い、ああなったらいいなぁこうなったらいいなぁと想いを巡らせ、共に想いを重ね馳せられることになる。いい。
    そう思えたのもパリヤがもつ人となりの人徳でしょうね。いやーパリヤ作者に愛されていますね、その分弄られまくりですが…(笑)

  •  パリヤさん可愛いよねパリヤさん。
     ほんとに無器用な子可愛い。

  • もうねえ、パリヤさんいい娘すぎる。読んでたら好きになってしまう。

  • 絵はもの凄く素晴らしいけど、ストーリーにはあまり惹かれないとこっそり思っている乙嫁シリーズ。しかし、本巻では、自分が一番好きなパリヤの結婚話。意地っ張りで、誰よりも素直だけど、自己表現が下手で、不器用で、頓珍漢なパリヤ。本当に可愛いし、読んでいて楽しくなる。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2022年2月現在
埼玉大学教育学部芸術講座音楽分野准教授

「2022年 『子どもたちは音楽科授業にいかに参加しているか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×