代替医療解剖(新潮文庫) [Kindle]

  • 新潮社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (500ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  普通の病院や医学部で扱う医療は「通常医療」とか「標準医療」と呼ばれ、現在は「科学的根拠に基く医療」が主流となっているが、これとは別に代替医療と呼ばれる治療法のグループがある。西洋医学とは異なるルーツを持つ治療法の中には長い伝統を持つものもあるが、いんちき療法と呼ぶべきものも少なくない。本書は代表的な代替医療について、「科学的根拠に基く医療」の観点から検証を行った結果を解説している。

     「科学的根拠(エビデンス)」というと誤解する人もいるだろうが、治療のメカニズムが明確になっているという意味ではない。例えば鍼治療の説明に使われる「気の流れ」とか「経絡」と言った概念は生物学的な観察に裏付けられていないが、だから誤りだと断定するわけではない。メカニズムが何であれ、治療において重要なのは「効くか効かないか」であり、それ科学的に厳密な方法で測定したものを「科学的根拠」と呼んでいる。

     効くか効かないかを検証する際には「ランダム化比較試験」「二重盲検法」といった条件を整えなくてはならない。治療法の種類によっては難しいが、様々な手法で条件を満たした研究が行われている。また、ただの水でも薬と信じればある程度効いてしまう「プラセボ効果」の存在も話をややこしくする。しかしプラセボ効果を除外する方法もちゃんとある。

     本書は、各種の代替医療の効果についてランダム化比較試験を行った論文を集めたメタ・アナリシスを用いて検討を行っている。本文で取り上げられた代替医療は、鍼・ホメオパシー・カイロプラクティック・ハーブの4つ。おおまかな結論として、ハーブは一部通常医療に組み込まれる程度に効果がある場合もあるが、それ以外はほとんど効果がなく、場合によっては有害となる。鍼とカイロプラクティックは一部の症状に対しては多少の効果が認められるが、通常医療を越えるようなものではない。ホメオパシーについてはまったく効果がない。その他にも数多くの代替医療が簡単に結果だけ述べられているが、いずれも似たような結論だ。

     著者らは最終的に代替医療の大半をいんちきと言い、こんなものを世に広めた責任は誰にあるか糾弾している。代替医療の伝道者が読めば激しく反論したくなるだろう。だが、あやしげな理論をいくらこねまわしても、いくつかの治癒例(エピソード)を挙げてみせても、十分なエビデンスの説得力には適わない。

     残念なことに、今も多くの人が一縷の望みを抱いて代替医療の戸を叩く。彼らをただ無知蒙昧な人々と冷笑して終わらせるのではなく、なぜ通常医療が代替医療より低く見られるようなことが起こるのか、医療関係者たちもきちんと考えるべきだろう。

  • サイモン・シンが著者というのは、内容の面白さとともに、科学的妥当性も保証されていると言っていい。小気味よく代替医療を斬っていくが、果たしてビリーバーさんたちが説得されるかというと、それは疑問だろう。若い人たちに読んで欲しい。

全3件中 1 - 3件を表示

サイモン・シンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする