現代哲学ラボ 第4号: 永井均の無内包の現実性とは? [Kindle]

制作 : 哲楽編集部 
  • MIDアカデミックプロモーションズ
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (167ページ)

著者プロフィール

1951年生まれ。慶應大学大学院文学研究科博士課程単位取得。日本大学教授。専攻は、哲学、倫理学。著書に、『転校生とブラックジャック』『改訂版 なぜ意識は実在しないのか(以上、岩波現代文庫)、『翔太と猫のインサイトの夏休み』(ちくま学芸文庫)、『〈子ども〉のための哲学』『これがニーチェだ』『私・今・そして神』(以上、講談社現代新書)、『存在と時間――哲学探究1』(文藝春秋)、『世界の独在論的存在構造』(春秋社)など多数。訳書に、マクタガート『時間の非実在性』(講談社学術文庫)などがある。

「2018年 『西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井均の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

現代哲学ラボ 第4号: 永井均の無内包の現実性とは?を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする