黒本 参 [Kindle]

著者 :
  • 2016年11月30日発売
3.71
  • (4)
  • (11)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (61ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 質問と高城剛の返答でできている。
    2016年2月の発行であり、その時代の話題が、
    取り上げられている。
    『マヤ暦とインド暦の終わりが 、
    ともに 2 0 2 0年 3月 2 1日。』
    というのが、面白い切り口で始まる。

    テレビ利権から始まり、日本の社会は、利権を守るシステムで守られており、メディアもそれに追随している。新しいことが、できなくなっている。
    そこには、強力なメディアコントロールがある。
    それを強固に守っているのが、芸能プロダクションである。

    麻薬、覚醒剤の事件は、日本の暗闇の中で、
    うごめいていて、利権は実に大きい。
    日本は、今は、売れなくなったアイドルみたいになって、自信をなくしていることも理解できていない。

    真面目じゃなく、テキトーとユーモアとウイットで、
    世の中を渡り歩き、「大人げない大人 」で 、人生を楽しむことを考えているだけの人が、高城剛風なのである。

  • ハイパーメディクリエイターこと高城剛さんの本があったとは…。初めて拝読しましたが、物凄い知識量と視点をお持ちの方でした!こりゃエリカも惚れるわぁと思いました。

  • このシリーズは全部読んでます。

    高城剛と読者とのQ&Aだけなんだけど非常に面白いです。

  • SKIPしてしまう項目が増えたかな。

  • ‪メールマガジンの読者とのQ&Aをまとめたもの。白本とは異なりマスメディアでは語ることができないタブーや批判性のあるテーマが中心。現在から未来の日本に対する不安と不信が浮かび上がる。‬

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

高城 剛(たかしろ つよし)
1964年東京都葛飾区柴又生まれ。
日本大学芸術学部在学中に、「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、ソニー・プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。著書に『世界はすでに破綻しているのか?』『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?』『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ!?』(集英社)、『ヤバいぜっ! デジタル日本』『オーガニック革命』(集英社新書)、『2035年の世界』(PHP研究所)、『人生を変える南の島々』『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵』(パブラボ)などがある。

「2017年 『不老超寿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高城剛の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする