黒本 参 [Kindle]

著者 :
  • 2016年11月30日発売
3.81
  • (4)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (61ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 質問と高城剛の返答でできている。
    2016年2月の発行であり、その時代の話題が、
    取り上げられている。
    『マヤ暦とインド暦の終わりが 、
    ともに 2 0 2 0年 3月 2 1日。』
    というのが、面白い切り口で始まる。

    テレビ利権から始まり、日本の社会は、利権を守るシステムで守られており、メディアもそれに追随している。新しいことが、できなくなっている。
    そこには、強力なメディアコントロールがある。
    それを強固に守っているのが、芸能プロダクションである。

    麻薬、覚醒剤の事件は、日本の暗闇の中で、
    うごめいていて、利権は実に大きい。
    日本は、今は、売れなくなったアイドルみたいになって、自信をなくしていることも理解できていない。

    真面目じゃなく、テキトーとユーモアとウイットで、
    世の中を渡り歩き、「大人げない大人 」で 、人生を楽しむことを考えているだけの人が、高城剛風なのである。

  • ハイパーメディクリエイターこと高城剛さんの本があったとは…。初めて拝読しましたが、物凄い知識量と視点をお持ちの方でした!こりゃエリカも惚れるわぁと思いました。

  • このシリーズは全部読んでます。

    高城剛と読者とのQ&Aだけなんだけど非常に面白いです。

  • SKIPしてしまう項目が増えたかな。

  • ‪メールマガジンの読者とのQ&Aをまとめたもの。白本とは異なりマスメディアでは語ることができないタブーや批判性のあるテーマが中心。現在から未来の日本に対する不安と不信が浮かび上がる。‬

全5件中 1 - 5件を表示

高城剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高城剛
高城剛
デール カーネギ...
高城剛
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする