ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

監督 : ギャレス・エドワーズ 
出演 : フェリシティ・ジョーンズ  ディエゴ・ルナ  ベン・メンデルソーン  ドニー・イェン  チアン・ウェン 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017年4月28日発売)
3.84
  • (39)
  • (42)
  • (46)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :278
  • レビュー :50
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241766724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは劇場で観賞しました。
    今年はスターウォーズの最新作を立て続けに観れて、自分の中での盛り上がり方も半端なかったです。(笑)

    2016年ディズニー映画。監督は『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ。
    主演は新キャラ、ジン・アーソ役のフェリシティ・ジョーンズ、それに反乱軍情報部のキャシアン・アンドー役のディエゴ・ルナ。
    また、ローグ・ワン・メンバーの面々もそれなりの重要キャストで登場していて、自分としては座頭市を模したと思われる盲目の僧侶?役の人が良かったですね。
    それからシリーズの常連のような人も何人か登場していて(反乱軍の元締めみたいような女性とか)、シリーズの連続性を意識させるような配役になっていてこれも良かったですね。

    遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。
    帝国ではデス・スターを完成させるべく、帝国から姿をくらませた主任技術者ゲイレン・アーソの行方を追っていた。そして、とうとう帝国軍のクレニック技術長官はゲイレンの行方を突き止め、彼の妻を殺害した上で拉致する。彼らの娘ジン・アーソを残して・・・。
    それから10余年が経過し、ジン・アーソは不良少女として帝国軍の強制労働収容所に収容されていた。ジンの身元を確認した反乱軍は・・・。

    いやあ、これは面白かったです。
    最初はスターウォーズのアナザーストーリーにして、スターウォーズ第一作目少し前の時代を描いたスピンオフ作品ということで全然知らない俳優が出ていてもなあという気持ちであまり期待していなかったのですが、正直、映画としては『フォースの覚醒』以上だったかもしれないです。

    物語は率直にいって、RPGの世界ですね。(笑)
    同士を集い、仲間となって一緒に難題解決に向かう!こういうゲーム感覚が面白さの秘密だったかもしれません。(^o^)
    加えて、スターウォーズの世界観を崩さずに、むしろそのまま継承し活かす姿勢がありありと見て取れて、細かいキャスティングやエピソードなどもきっちり映画に再現されていたのでこういうところも好意的に受けとめれる点だったと思います。
    例えばあのターキン総督のピーター・カッシングやレイア姫のキャリー・フィッシャーなどはよく似ているなあと思っていたら、当時の映像の顔の部分をCG合成していたのですね。凄いなあ~。
    また、『スターウォーズ』や『帝国の逆襲』『ジェダイの復讐』に登場した帝国軍のスターデストロイヤーとか象のような陸上兵器、同盟軍のXウィングやYウィングなども当時の姿そのままに登場していて、こうしたところも初期のスターウォーズらしさを強調していたと思われます。(ほんの少しですが、R2-D2とC3POも登場!)
    そして、ダースベイダー。フォースで部下の首を絞めるところや、ライトセイバーとフォースを駆使しての暴れっぷりなどはもう涙ものでした!(笑)

    このスターウォーズ第一作目は黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』のエッセンスを取り込んだ作品として知られていますが、今回の作品も割と日本的なものが取り入れられていたのではなかったかと思います。
    集った仲間のうち、一人は明らかに座頭市を模していると思われるのと、一人は明らかに赤い胴巻きのようなものをしていて、さらに今回の新キャラロボットであるK2はジブリっぽかったですね。
    登場からそのときどきの活躍ぶり、それに物語の最後まで彼ら日本的(と思われる)キャラは目立つことこの上ありませんで、観客も親近感が持てたのではないかと思います。特にK2のキャラはなかなか良かったですね。

    物語の結末はある意味予想がつくようなことでしたが、美しい背景の中で満足感の漂うラストになっていて、スピンオフ作品としては上出来だったように思います。
    そして、ラストはダースベイダーによる暴れっぷりとあの人の登場とスターデストロイヤーからの離脱。
    「繋がった!」(笑)
    ラストも大変きれいでございました。(^o^)

    最後の締めはこれで。
    "May the Force be with us."

  • スターウォーズの設定がきちんと理解できているわけではなかったので、ダースベイダーって生きてたのかぁ……と思いながら見ていたけれど、ラストでシリーズのどこか途中の話なんだなと理解できた。

    なんだかんだすごくおもしろかったな。
    盲目のジェダイ?と友達の関係も面白かったし、強くて恰好よかった。

    Kもすごく可愛くて好き。

    みんな好きだったからレイヤ姫はみんなが必死になって入手した設計図をもっと厳かに受け取るべきだと思ったわ。

  • スピンオフだからって、心の準備もなく軽い気持ちで観たら、どえらいクオリティに腰抜けた。やっぱりスター・ウォーズ!観終わってからも興奮止まらない。

  • 知らん人ばっかり出てるし、スターウォーズあんまり理解出来てないしで観る気なかったけど、勧められたので観たら面白くて感動もして、大好きになった。切ない。CGがすごい!

  • ヒロイン / ジン・アーソ演じるフェリシティ・ジョーンズをどっかで見たなあと思っていたら、直前に観た「インフェルノ」に出ていたので、今来ている女優さんなのかなあと思った。
    設定的にいろいろあってああいうキャラクターになったのだろうけど、SW最新シリーズのヒロイン / レイといい、いまいち魅力に欠ける(ような気がする)のが残念。
    脇役たちのキャラ立ちが激しいからなのか…。
    ただ、これがルーク・スカイウォーカーに繋がる始まりの物語だと思うとやっぱりわくわくしたし、タイトル「ローグ・ワン」にコールサインとか反逆者とかの意味合いがあったりして、ファンにはとにかく堪らない。
    登場人物たちが本編シリーズに登場していないので、もしや…と思っていたら、やっぱりみんなそうだった。
    そうだよね…デス・スターをたかだか2時間の尺で破壊出来ないよね…世界を変えるっていうのは並大抵の覚悟ではないんだなあ。
    いろいろ言ってはみたものの、最後まで観ると結局、みんなカッコよかった映画。

  • 新作のⅦが女性主人公だっただけに、こちらのⅢとⅣの橋渡しとなるスピンオフまで同じにしなくても良かったのでは? 生い立ちの不幸さもルックスもどこか似ているし、寄せ集めの仲間を率いて巨悪に立ち向かう展開までほとんど同じ。肝心の物語の方はさすがSWだけあって安定の面白さ。長年のファンには名作Ⅳとのリンク具合も楽しめる作りになっている。特に悲劇的なエンディングは日本人好みの美学が描かれていて、これまたSWらしい。ただ期待していたK-2SOという黒いドロイドの魅力にはあまりピンと来なかったな。☆3

  • 物語の繋がりに感動する

  • 映画館視聴。
    途中から涙が止まらなくて、エンドロール後も涙と鼻水でぐしゃぐしゃ。
    映画館で初めてここまで泣いた。館内明るくなっても全然涙止まんなくて参った。

    最高。
    いわゆる持たざる者達の物語。
    彼らがどうなるのか結末の分かってしまっている物語。
    抵抗軍も一枚岩じゃないから、途中までの孤軍奮闘感。
    チームとか抵抗軍のためとかでなく、それぞれが自分の信じるもののために戦いに赴いて。
    切ないんだけど、彼らはやりきったのだと思えるからただ悲しいだけじゃない。
    帝国軍パイロットだったボーディーが生き方を変えてしまうくらいにゲイレンに感化されたこととか、フォースを信じるチアルートと相棒ベイズとか、キャシアンとKとか、語り出したらキリがない~

    ラストのダース・ベイダーもそこから必死でデータを逃す兵士達も最高。
    エピソードⅣへの最高の繋がり。繋がったのは希望なんだ、っていう。

  • 見る予定はなかったのだが、スター・ウォーズシリーズを見直していて、3までちょうど見たところで、この映画は3,4と間というのだからタイミングが合いすぎて見に行く。
    ストーリー、人物関係は少し頭に入れて見たのだがヘンに複雑。子どもも見るだろうにそこまでややこしくする必要があるのだろうかと思う。
    あまり魅力的な登場人物がおらず退屈して少し眠くなる。秒単位で寝てしまう。魅力的なのはドロイドK-2SOロボット。ちょっと自尊心が強すぎるがアタマの回転は早いし、犠牲心も強い。

    後半はまさにスターウォーズになっていき、書き込みの量の凄さに圧倒される。スターウォーズシリーズ製作の舞台裏を見ると、背景のちょっとしたとこの色使いまで相当神経を使っている。CGで画面が作れるようになったので完成度をどこまでも求めることができる。それでもう情報量で圧倒してくる。この映画もスター・ウォーズのブランド名がある以上とにかく頑張って作っている。スゴイ。もっともスター・ウォーズファンにはたまらないだろうなという空中戦だが熱心なファンではないものでそこまでの感動はない。

    全員死んでしまうのは、次のエピソード4には誰も登場しないからかもしれないが、一人くらい市井の人に戻り、そういう無名の人のがんばりもありました でもいいような気がするが。

  • EP4に繋がるスピンオフ。生きて帰れないのが分かってて戦地に赴く姿がかっこいい

全50件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする