星の王子さま (新潮文庫) [Kindle]

  • 新潮社
3.92
  • (7)
  • (11)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (158ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 星の王子様ミュージアムに行く前の予習として読む。

    小学生の時に読んだ時は、意味がわからないまま「?不思議な少年だなぁ~」という感想しかなかったけど、大人になってからじっくり読むと全然違った。
    この本が売れるのは、大人が子供に読んでほしいと思っちゃうからなんだろうなーと思う。

    薔薇と出会い、喧嘩をして、星を出てから出会う人達と話をして、少年は自分と薔薇との関係を改めて考える。
    星の王子様と出会った飛行機乗りは、彼と砂漠で出会い、交流をしたことで絆を作った。

    少年が地球にやって来る前に出会った星の住人は大人を象徴している。
    国民がいないのに命令ばかりする王様
    自分を称賛する言葉ばかりを欲しがる人
    酒を飲む自分を恥じながら飲む酔っぱらい
    自分が沢山持つことに注力して使わない実業家
    一昔前の仕事を忠実に守り続ける点灯夫
    自分の目で確かめない地理学者

    7番目に地球にやってくるが、そこは砂漠で人間がいなかったそこで出会った飛行機乗り。
    彼と出会う前に地球の生き物と話をして、王子様は星の薔薇との関係は、どんなに美しくても沢山あっても、他の薔薇とは代替出来ないものだと気づく。

    狐が王子様に、出会う=絆を作ることだと教える。大事なことは目に見えないものだと。
    そしてそのために時間を費やしたことで良くも悪くも絆は強くなる。

    出会う人、誰のために時間を費やすのかは自分で決められなかったり、決められたりする。
    会ってない人に対して夢想するのはやめた。
    自分がどう相手と向き合いたいか、その為に誠実でありたいし、自分の感情に正直になること(口に出す出さないは別として、感じた気持ちをこんなこと思っちゃダメだ!とか殺さない)で、人と関わっていきたい。

  • 「それに、ほら!むこうに麦畑が見えるだろう?ぼくはパンを食べない。だから小麦にはなんの用もない。麦畑を見ても、心に浮かぶものもない。それはさびしいことだ!でもきみは、金色の髪をしている。そのきみがぼくをなつかせてくれたら、すてきだろうなあ!金色に輝く小麦を見ただけで、ぼくはきみを思い出すようになる。麦畑をわたっていく風の音まで好きになる……」(キツネの言葉)

    誰かと出会って、今まで自分にとって意味のなかったものに意味が与えられるってすてきなことだと思う。人との出会いが自分の世界を広げるんですね。

  • 自分が大事にしたいものを、慈しみたいと思った。

  • ある日砂漠で
    星の王子と名乗る青年を主人公のパイロットは出会う。星の王子は、自分は遠くの星から来たと言い、美しい花の世話をしたり、宇宙を旅している最中に色々な性格の人を見てきたと話す。
    また、特に地球では、そういった性格の人々が入り混じった星だと王子は言う。
    地球人の性格を宇宙の人々に見立てたような話。

  • 素敵なお話だった。愛にあふれた王子さまのお話。
    王子さまが旅の中で出会う人々は、面白おかしく風刺されている。
    愛しく切ない物語でした。時々読み返したいと思います。

  • 大好きな本!昔バオバブの木をいつか生で見てみたい!って思ってた(笑)

  • 説明の必要がない作品、星の王子さま。今まで読んだことがなく、今回が初めてでした。本当に大事なことは目に見えない。人間の欲を表す星の人々。それの合わさった地球。いろいろな感情が芽生える作品でした。

    この作品はぜひ各年代ごとに読み返してみるのが良いと思います。大人になってからの感じ方と子供の時の感じ方は大きく違うと思います。大人はみんな凝り固まってしまっていて、本当に大事なことが見えていないのかもしれません。

  • いちばんたいせつなこと、やすらぎや愛についてのお話。
    忙しいおとなの、こころの浄化におすすめ。

  • 今でも愛される名作。ようやく読めた。というかaudibleで聞いた。
    ライトな絵本かと思っていたが、結構シニカルな長目のお話しだった。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。1900年6月29日、フランスのリヨン生まれ。
幼少の頃より飛行士に憧れてその職につく。飛行士と兼業して、飛行士の体験をもとに『南方郵便機』、『夜間飛行』などを発表。
第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークにて『星の王子さま』を執筆し、1943年に出版。同年軍に復帰し、翌1944年7月31日地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま、消息を絶つ。
その行方は永らく不明とされていたが、1998年地中海のマルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域でサン=テグジュペリのブレスレットが発見される。飛行機の残骸も確認されて2003年に引き上げられ、サン=テグジュペリの搭乗機であると最終確認された。

サン=テグジュペリの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

星の王子さま (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする