ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.08
  • (15)
  • (23)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (261ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シェークスピアの幻の稀覯本を巡る物語。稀代の蔵書家が残した(らしい)シェークスピアの“初版本”の真偽を巡って繰り広げられる心理戦。
    今作でシリーズも完結。取っつきにくい古書の話をこれだけ面白く読ませてくれたこのシリーズに感謝。

  • ビブリア古書堂の事件手帖7巻。最終巻。

    この巻は、シェイクスピアのファーストフォリオをめぐる謎でした。

    栞子さん、大輔、そして智恵子を巡る人間関係の集大成。面白かった。1巻を発表したときから、このエンディングに向けての物語が出来上がっていたんだろうか。すごい謎の隠し方、魅せ方、素晴らしい7巻の物語でした。

    本編は終わったけれど、まだ外伝が…てな記述もあったので、今後に期待です。楽しかった。そしてものすごく為になりました。

    もっと本が読みたい。

  • 古書にまつわる話も、第七話の最終になるとシェークスピア。街の古書店で海外の古書を入札で何千万となると真実性が薄れる。まぁ!これで全巻読み終えた訳で古書に関するミステリーが無かったので、十分楽しませて頂いた。

  • 全ておさまるところにおさまったという感じ。

  • 長編。シリーズ完結。憎たらしいが憎めない人はいるのかもしれないが、どうしても好きにならない人物が登場するのがこのシリーズかもしれない。そのような人物を登場させるストーリーも楽しめる部分もあるのだが読後がすっきりしない。楽しいはずの本をテーマにした物語なのに、読むという行為が楽しめない。それがこのシリーズの良さでもあるのか。

    語り手の五浦大輔の人物像が最後まではっきりしなかった。つかみどころがない人物を描いているのではなく、ただ輪郭がぼやけていて幹の部分がなく魅力的が感じられなかった。

  • 古書をテーマにした話の最終巻。
    本にまつわる謎解きは少なめで、母との和解や結婚話が中心だったように感じた。妹の学費の心配もなくなりすべてが丸く収まったかんじ。

  • 第七巻目は、シェイクスピアのファーストフォリオにまつわるうんちくが面白い。
    御多分に漏れず、主人公篠川栞子と五浦大輔の恋愛の行方も進展しています。

    最終局面は、手に汗を握り展開ですね。

    巻末に著者・三上延氏が、アニメ版映画化・実写版映画の計画もあると述べて、並行して作品も継続されと書いています。今後が楽しみな一冊です。

  • ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

    栞子さんと母親の確執、栞子さんと大輔のこれからのこと…1人の老人に振り回されながら、古書に関する謎と共に、それぞれの思惑が交錯し、展開していく。

    今回は大輔くんのファインプレーがカッコよかった!!
    栞子さんを出し抜くとは…よくやった!!

    シリーズ完結編だと寂しく思っていたが、あとがきには嬉しい言葉が!!
    スピンオフや番外編、楽しみ♪

  • ついに最終巻。
    一気に読み終わってしまった。
    今回はシェイクスピア。
    まあ兎にも角にも大団円。
    中々いい終わり方だったんじゃなかろうか。
    ものすごい狭い世界でものすごいメチャクチャな人間関係で、それでも最後にはきちんと整理されて、割と皆さん幸せになったんじゃないでしょうか?
    これで本編は終わりですが、スピンオフはまだまだ出るようなのでそっちも楽しみです。
    あとできれば15年後くらいのお二人が主人公の作品を読みたいです。
    ハイ。

  • 最終巻はシェイクスピアに関わる本のお話。またいろいろ知ることができました。
    全巻を通して安定のシリーズですね。
    終わりは意外とあっさりハッピーエンド。それはそれでよかったのですが、ちょっと物足りないかな。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

三上延の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする