進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (25)
  • (26)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 231
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ebookjapan

  • 繝上Φ繧ク縺輔s縺後お繝ャ繝ウ縺ョ荳ュ莠檎羅逧?。悟虚縺ォ縺舌>縺舌>譚・繧九→縺薙m縺ァ螟ァ隨代>縺?◆縺励∪縺励◆縲ゅ&縺ヲ縲∝ウカ縺ョ螟悶∪縺ァ隕夜?縺ォ蜈・縺」縺ヲ縺阪◆縺槭?ゅ∪縺?縺セ縺?邯壹″縺昴≧縺ュ縲

  • 読者にとっては全てが繋がった素晴らしい巻。
    世界の過去を知る旅が終わり
    ここからどうなっていくのか
    表紙の海が、やるせない。

  • ひゃー。
    ナゾがやっと解明されたー。
    いろいろびっくりー。

    読むのやめなくてよかったよかった。

  • とうとう謎が解けました。何年も待った甲斐あるなぁ。
    余命も知ってしまったわけだから、直近で何か起こるのかしら。
    今後にますます期待!

  • ようやくほぼすべての謎を説明する巻。やはり地下室の父親の日記には全てが書かれていた!あとはどう物語をまとめるか

  • 今までの疑問が一気に吹き飛んでしまうシリーズを通してキーとなる巻だった。戦いが一段落して過去への回帰がずーっと続いていた最近の流れがここで一段落した。さて、これからはどんな展開が待ち受けているのか楽しみ。ゴールに向かってひた走るのか?それとも主軸を新たな方向へ向けるのか?これからの一巻一巻を噛み締めていきたい。

  • 進撃のシュールな笑いがツボ。厨二病のくだりは笑った

  • 伏線が回収されていく。
    いやーおもしろいです。

    最終巻がでたときに、1巻から読み返したくなる物語が展開されていく。

    ハッピーエンドがなさそう...ですが。

  • 仮に「真実」が明らかになったからと言って、明るい「未来」が待っているとは限らないと言うことか?

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)のその他の作品

諫山創の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする