日航123便あの日の記憶 天空の星たちへ [Kindle]

著者 :
  • マガジンランド
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (382ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日航機123便墜落事故に関して書かれた本を読んだのは二冊目。
    客室乗務員の方が書かれた本のタイトルのイメージから、思い出を綴ったお話なのかなと思って読み進めると、事故究明へとつながっていきます。
    乗客の安全を守る重責を、あの笑顔、颯爽とした身のこなしの内側に持って職務にあたる客室乗務員。
    誇りを持って、プロの仕事をすることの尊さを感じます。

  • 「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」と同じの著者です。非常に細かく調査されていて疑惑を持たざるおえないでしょう。初版は完売。中古市場ではプレミアが付いていてAmazonで3700円前後。ヤフオクで7000円前後です。図書館では数十人待ちだそうです。私はKindle1079円で読みましたが「日航123便墜落 疑惑のはじまり: 天空の星たちへ」1944円として5/28に複刊されています。

  • 元日航スチュワーデスが書いた本とは知らなかった。
    が、自分の初フライトが奇しくも墜落機と同じ123便だったとか、自分の誕生日が自己の翌日の8月13日だとかどうでもいい情報を、すごいでしょ?私!というように書いてて鼻につく。あと、亡くなった客室乗務員に多くの自分の先輩が乗っていたといって、かなり自分自分な目線に辟易した。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業等の接遇教育に携わり、専門学校、大学講師として活動。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。

「2020年 『日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山透子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
稲垣 えみ子
三浦 しをん
宮下奈都
ジェイムズ・P・...
桐野 夏生
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×