この嘘がばれないうちに [Kindle]

著者 :
  • サンマーク出版
3.64
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (246ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 会いに行きたい理由はそれぞれだが、
    ひとつひとつの物語に繋がりのあり
    なんとなくどれも似たり寄ったりだなぁ、と感じた。

    読む順番を間違えて、1番最後に読んだのは私のミス…

  • 前作よりいい!涙をこらえながら読み終えた。これは電車で読まない方がいい。

  • 読了。「コーヒーが冷めないうちに」の続編である。前作同様、一気に読んでしまった。喫茶店『フニクリフニクラ』で過去や未来に時を超えて思いを伝えに行く人達の話。過去に戻っても何も変わらない。それでもなお、逢いたい人。
    今回は残された者の幸せを考える話。残された者は、つい自分を責めてしまう。残された者が幸せになれば、先逝く人の命にも意味が生まれる。残された者の幸せを望んでいるいるのは、旅立った人。
    今回は数の母親の話も物語の中に少しずつ組み込まれている。最後の最後に数の気持ちもまた穏やかに変化し、彼女にも幸せになってもらいたいと願いながら本を読み終えた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

川口 俊和(かわぐち としかず)
大阪府茨木市出身。1971年生まれ。元・劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。代表作は「COUPLE」「夕焼けの唄」「family time」等。本作の元となった舞台、1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」で、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。『コーヒーが冷めないうちに』で小説家デビュー。続編として『この嘘がばれないうちに』が刊行され、最新刊『思い出が消えないうちに』も2018年9月19日に発売。
『コーヒーが冷めないうちに』はヒット作となり本屋大賞にもノミネート。映画化され2018年9月21日に公開。

この嘘がばれないうちにのその他の作品

この嘘がばれないうちに 単行本(ソフトカバー) この嘘がばれないうちに 川口俊和

川口俊和の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする