ネオン・デーモン [DVD]

監督 : ニコラス・ウィンディング・レフン 
出演 : エル・ファニング  ジェナ・マローン  ベラ・ヒースコート  アビー・リー  カール・グルスマン 
  • ギャガ (2017年7月4日発売)
2.68
  • (4)
  • (4)
  • (11)
  • (7)
  • (8)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921404808

ネオン・デーモン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グロアート

  • キアヌが出演している、という情報だけで鑑賞。
    暗喩的でスタイリッシュな映画だとは思うけど、自分は中盤かなり退屈だった。
    そしてラスト、しまったサイコホラージャンルだったのね…
    キアヌはたいへん無駄遣いでした。

  • 食うか食われるか。

    美を商品にするという選択は、その時点で
    不透明なものに身を投じるに等しい。

    これほど数値化できない独りよがりの世界で
    生きることの危うさ。

    オンリーゴットに通じる不快感は、きっと期待通り。
    さて、この次は?

  • 撮影監督が「悲しみのミルク」の人だった。どおりで綺麗なわけだ。

    もっと毒々しいのかな、と思いきやそうではなく。思わせ振りに恐怖心を煽られたりする。絵作りは嫌いじゃないが、ストーリーはあまりいかしてない。

    エル・ファニングのちょっと一瞬ブスにも見えるかんじがいい。美しさとブスはやはり両方兼ね備えてないと。その危うさが魅力的。あと背中がとっても綺麗なので、それも注目ポイントでした。

    キアヌリーブスが出演してたのは、まったく分かりませんでした。エンドロールで気がつく始末です。やさぐれ管理役よかったなぁ。

  • MV的映像美としては星4つ。映画としては2つ。筋の通ったストーリーや芯のあるメッセージ、共感性や意外な展開などはなく、ひたすら美しい色や光でコーティングされた映像美を楽しむ映画。そしてなぜか最低野郎としてキアヌ・リーブスが出演していて友情出演か何だか知らないけれど程があるだろ、と思った。

  • 現代アート感

  • モデル同志の嫉妬とか美への執着とか、設定は分かりやすい。ただあまりに観念的な映像が多くてついていくのがしんどかった。
    最初は違和感があるけれど無垢な美を表現するためちょっと野暮ったくも見える子を主人公に置くのはいいと思う(白雪姫とかそんなイメージだし)
    個人的にはもっと俗っぽいドロドロが好みなので、芸術的、抽象的なこの映画はあまりピンとこなかった(グロテスクなのはスプラッター系も好きなので特に良いとも悪いとも思わず)

  • 色彩感覚に脱帽。
    終盤の展開を、ただ呆然としながら見守った。
    たいていは見ないのだけれど、エンドロールも美しくて、最後まで観た。

  • ストーリーが怖くて好きじゃない
    ホラー…

  • 見終わった後のレビューを読んだら
    結構解釈が違うので、自分の思うところをメモしておく。

    ストーリー展開は単純。
    16歳の田舎娘が都会でモデルになって、女の嫉妬の世界に巻き込まれる話。

    ただ、ブラックスワンよりもエグい。
    まさかカニバリズムが出てくるとは思っていなかった。
    今日は休日で、整体に行って、炭酸ガス入浴をして、暖かくして眠れるはずだったが、寝る前に観たら背筋が凍ってガッチガチになって寝つけないオチになってしまった。

    いろいろ、鍵になるところはあるけれど、
    解釈が異なると感じた三人の黒魔女についてメモしておく。

    解釈が違うと思うところは、
    ジジが死体愛好家、ネクロフィリアだということ。
    ジジはトップモデル界のメイクをしているのだから、
    そこに居続けるのはかなりの意地というか突き詰める根性というか、そういうのが必要なはずである。

    レズビアンであるのはよく聞く話だから良いとして、
    ジェシーにセックスを拒否されたから憎くて殺したのではなく、
    [可愛くて食べてしまいたい]
    という言葉の比喩があるが、
    どうしても自分のものにしたくて殺して食べた、と思う。
    仕事中に死姦するシーンがあるが、
    その死体は金髪の若い女性でジェシーに似てるじゃん。
    だからネクロフィリアというよりかはジェシーを思うあまりに抵抗しないジェシーに似た身体を使ってセックスをした、はず。

    でもそれだけでは満足できなくて、やっぱり殺さないと自分のものにならないから水の張っていないプールに突き落として、肉から血まで自分のものにしたんじゃないの。殺したらお花畑でジェシーとセックスできて満足してたし。
    それでなのか、満月見ながら下半身から液体出していたけど、
    愛液とか、おもらしとか諸説あるようだが、私は生理になって経血を流していると観ていた。浄化していたのではないか、と。

    いずれにしても節操無さすぎる話だ。

    そして、サイボーグモデル、ジジ。
    今回の主犯ルビー、サラ、ジジの三人の中で一番弱いのはジジ。
    整形を自慢するあたり、その他言葉の隅々に虚勢や弱さを感じる。
    ジェシーを本当に食べたかったというよりは、
    刹那的なファッションで食べたように見える。
    普通の人って、人肉を食べるなんて、道徳的理性的にも嫌悪感と罪悪感があるからできないし、気が狂って自殺もしちゃうよね。
    ちょっと気の毒。

    それと比べると、サラのモデル魂?はとんでもなく、
    トップモデル界で生き残るために芯から望んでジェシーを食べて、ジェシーの若さ、無垢さを自分の身体の中に取り込んだ、はず。
    じゃないとジジの吐いたジェシーの目玉なんて食べられない。間接的にもジェシーのそれがあったら身体の中に入れてトップモデルで居続けたいのだから。

    その他、ジェシーの無用心さと傲慢さについては、10代の女の子にはよくある話だし、ヤマネコとかディーンには将来が見えていたとかは他の方の感想とほぼ同じだから割愛。

    映像はビビッドで素敵。
    トップモデル業界の話だから、空間が豪華。

    まあもちろん、だから余計にエグさが目立つわけだけど。

    ツインピークス、羊たちの沈黙、
    その他リアルなホラー映画を普通に観られる人は観てもよいけど、普通のサイコサスペンスと思って観たら
    大失敗するであろう映画である。

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする