人工知能の核心 (NHK出版新書) [Kindle]

  • NHK出版
3.83
  • (11)
  • (23)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 羽生さんが人間とは何かを、人工知能への考察を通して考える一冊。
    AIと人間のタッグがAI単体よりも強いことなどに触れてもらえると、より深い結論に到れたのではないだろうか。。。

  • Kindle

  • 将棋で有名な羽生善治さんが、人工知能に関するいろいろな場所に行き、そこから感じられたことを書かれています。人工知能と将棋といえば、水と油のようで、棋士の方々の中でも色々と意見のある中でのことだと思います。その中にあって、それを知ろうという著者の姿勢が、やはりこの人は違うと思わされました。その著者の取材のためにNHKの取材班の方々がセッティングをされ、その舞台裏を書かれているところも面白く読ませていただきました。
    人工知能を生み出す技師の方々にとっても、羽生善治さんの知性には興味があるようで、両者の出会いはドラマティックにさえ感じるものでした。人工知能について書かれた本はたくさんありますが、それとはまた違った目線と意見を知ることができると思います。

  • 世の中の関心が「羽生さんと将棋ソフトが戦ったらどっちが勝の?」みたいなところに集まってるのに、等の羽生さんはAIと敵対するつもりなど全くなくて、その発展を純粋に楽しんでるし、勝ち負けという視点ではなく、共存・発展を楽しそうに語るのが印象的でした。

    「AI任せにするのではなく、AIが出した答えを人間が判断して使う」みたいな話はよくあるけれど、こんなことがそもそも可能なのか? 実現させてところで、結局「人が判断している」のと何が違うのか? 将棋ソフトの指し手一つとっても、一流の判断力が備わっている上位棋士が「?」となる手は多いのだ。

    我々人間は「AIが導き出した答え」を見ることができるが、「そこに至った思考のプロセス」を全部理解するのは不可能である。だったら何を根拠に、私どもサラリーマンのおっさん如き凡人が、「AIの出した答えを採用するかどうか」を決めるのか?

    ビッグデータを元にAIがとある結論を導き出したとて、それが人間の思考を超えたレベルのプロセスによって導き出されていた場合、判断するおっさんは「こんなバカな選択はありえない」と切って捨てるでしょ?

    結局、「人間(自分)の経験則によって導き出された将来予測」と「AIにるよくわからない思考回路を持って導き出された将来予測」のどっちを選択するのか? となった場合、結局、前者を取ってしまうでしょう。「いや、AIの予測はあくまでも”参考”だ」と言うのではあれば、結局、「AIが導き出した答えが自分の思っていたことに限りなく近い」場合にだけAI意見を採用するみたいな珍妙な話になり、「それってただ安心を得たいだけに使っているの?」となってしまう。

    ましてや、将棋一つ取ってみても、将棋ソフトによって「次の最善手」も違えば、局面の評価(先後の点数比較)も結構違う。そうなると複数のAI関連ツールを導入して比較評価を人間が行う?

    もちろん、一定のルールにおいて特定の選択しか行われない業務においては省力化への手助けとはなると思うけれど、「今我々が抱えている悩みを一挙に解決して最適解を導いてくれる夢の道具」などと考えはちょっと甘すぎるわけです。

    他、面白かったところは、「AIも(人間と同じように)嫌なことは先送りする傾向がある」という件。例えば、目先、二三手先に−100点がある手筋と、目先は何も無いが50手先に−500が待ち構えている手を比べると、後者を選択する傾向があると。これは人間でも同じような判断をしがちで、どんな手を売っても50手先のマイナスは覆せない状況においても「まだまだ時間はあるし、後者で手を打ってそれまでに何とか対策を考えろ」としてしまうことが多い。これが正しいこともあったりするからややこしいのだけれど、後者を選んだが故に大きなマイナスを出してしまったなんてことは多くあるだろうし、なかなか「損切り」をする判断などできないのが現実。

    こんな難しいものが使いこなせますかね?

  •  将棋の羽生善治を語り手として人工知能について紹介したNHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」を制作した取材班による書籍化。書籍化と言っても番組をそのまま本にしたものではなく、取材過程で経験したことや感じたことを改めて語っている内容だ。ちなみに番組の方は見ていない。

     人工知能に関する本は何冊か読んだので、ディープラーニングや機械学習などの技術については特に目新しい内容ではないが、各国の開発者たちがどんな想いを込めて取り組んでいるかという点に触れているのは興味深い。人工知能が今後どう進歩していくかということより、それと私たちがどう付き合っていくかが重要という指摘は一昨年『人工知能は人間を超えるか』を読んだ時に感じたことと一致する。

     従来型コンピュータと異なり、人工知能は判断理由がブラックボックスになっている点は重要だ。人間の知性を上回っていると言われても、理由が説明されない判断に唯々諾々と従うことには多くの人が反発したり不安を感じたりするだろう。人工知能の判断は100%正しいわけではないということをよく認識し、あくまでも道具として活用していくことが常識となってほしい。

  • 人工知能の発展に伴い、どのような課題や希望があるのか、羽生さんの考えをベースに紹介されている。現時点の人工知能の状況も紹介されていて、人工知能に関する基本的な知識を身につけるのにちょうどいい。

  • 人工知能と人間の違い、そこから見えてくる「知性」とは何かという問い。

    汎用性のある人間の知性は、人工知能とともに大きく変わっていくが、どこに向かっていくか。

    相変わらずの深い洞察に脱帽。

  • 二〇一六年三月人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治はその勝利の要因を「人工知能が、人間と同じ“引き算”の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。そもそも勝たなくてはいけないのかー。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本”の決定版。はじめに
    第一章 人工知能が人間に追いついた――「引き算」の思考
    第二章 人間にあって、人工知能にないもの――「美意識」
    第三章 人に寄り添う人工知能――感情、倫理、創造性
    第四章なんでもできる」人工知能は作れるか――汎用性と言語
    第五章 人工知能といかにつき合えばいいのか
    レポート①ディープラーニングをさらに“深く”
    レポート②「記憶」と人工知能
    レポート③ロボットをどう教育するのか
    レポート④「汎用人工知能」実現への道
    レポート⑤人工知能、社会での活用

  • 羽生さん、凄い、と思わずうなる。

  • 1.ジニー、ソブリン
    2.知性の再定義
    3.人工知能はデータなしではなにもできない

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

羽生 善治(はぶ よしはる)
1970年生まれの将棋棋士。十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、7つの永世資格を持ち、史上初の永世七冠に。さらに名誉NHK杯選手権者の資格を持つ。
多くの著作を記している。初の著書、『決断力』は一大ベストセラーになった。ほか、人工知能技術を使った将棋ソフト研究をたゆまず続けており、『人工知能の核心』といった書籍にも関わっている。

人工知能の核心 (NHK出版新書)のその他の作品

羽生善治の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

人工知能の核心 (NHK出版新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする