こんこん、いなり不動産 (マイナビ出版ファン文庫) [Kindle]

著者 :
  • マイナビ出版
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (237ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マイナビ出版さんの公式Twitterアカウントで開催されていた懸賞に当選し、専用ページからダウンロードして読みました。

    ザ・ブラック企業とも言うべき、激務・暴言・手柄横取りの三拍子揃った不動産会社に勤めていた女性が、キツネ顔でいなり寿司好きで井成不動産の社長という「ザ・キツネ」なイケメンにスカウトされ、地域や人(や妖怪)に根ざした真の意味でアットホームな職場に転職し、活躍する話。

    主人公の女性の、妖怪が物件に要求する要素を一つづつ解きほぐしていく姿勢に好感を持ちました。
    あと、人面犬犬飼さんがイケメンです
    人面犬犬飼さんがイケメンです(大事ゆえ二度)
    疲れ果てた現代社会人にお薦めしたい作品です
    PS:疲れたとか寂しいという感情に憑く「悪い付喪神」には注意しましょうね(笑)

  • なかなか面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

■著者
猫屋ちゃき
乙女系小説とライト文芸を中心に活動中。2016年9月に『こんこん、いなり不動産』が「第2回お仕事小説コン」で特別賞を受賞し、2017年4月に書籍化デビュー。著書に『扉の向こうはあやかし飯屋』(アルファポリス)などがある。

「2020年 『拝み屋つづら怪奇録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫屋ちゃきの作品

こんこん、いなり不動産 (マイナビ出版ファン文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×