中間管理録トネガワ(5) (コミックDAYSコミックス) [Kindle]

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • けっこう楽しみにしていた「トネガワ」の5巻。




    カイジのスピンオフですが



    典型的なブラックでワンマン企業の帝愛の

    会社としての組織だったり、人間関係だったり

    そういうところが取り上げられていて本当におもしろいです。



    帝愛№2とも言われるトネガワが

    上と下の板挟みになるようなシーンは、けっこう共感を覚えます。

    ますます次が楽しみになりました。

  • 今回は気になる引きでおわった。八乙女回がおもろしかったが、やつはまた出番があるのかな。あるんだろうな。

  • 利根川チームからの異動と利根川の意外な過去
    3人の新人のうち、2人のキャラ立てと体育会系堂下の破壊力

    後ろから弁当奪って流れるようにくずかごへガコン!は笑った
    しかし利根川全部Aまで持ち直すってスゴイな
    腹も引き締まってるし、ちゃんとカツの海へダイブしたときも腹筋割れてた

    なんだかんだ「和食ダイニング匠」を利用するのも好きw

    新入社員の西口冴子さん
    新入社員ということは、例の面接を受けて、ブラックにブラックな、漆黒の帝愛の悪魔的取り立てとかを理解してるんだよな
    それを言うなら中田も権田もみんなそうなんだが…
    こいつらに外回りや取り立て業務できるのかな
    優しいおじさんも社内ではこんな感じなんだろうな

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。

「2012年 『賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福本伸行の作品

ツイートする
×