人生の勝算 (NewsPicks Book) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.82
  • (32)
  • (40)
  • (35)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 327
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前田裕二の価値観に共感した。彼のビジネスを応援したいと思った。

  • 筆者を知ったのは多くの人とおそらく同じだと
    思いますが、石原さとみとの交際報道です。

    筆者が立ち上げたSHOWROOMというサービスは知りませんでしたが
    帯で堀江氏と秋元氏が絶賛していた事もありポチりました。
    肝心の内容については、『うーむ』というのが率直な感想でしょうか。

    筆者が大変な生い立ちで子供の頃から苦労を重ねてきたことには
    同情しますし、その時の悔しさをバネに壮絶な努力を重ね
    路上ライブで学費を稼ぐ〜大学卒業〜外資系投資銀行でトップ営業に
    なるなどのくだりは読み応えがありましたし、石原さとみが
    ただのITチャラ社長に引っかかった訳では無いと分かり
    安心した次第です(何が?)

    ただ肝心のSHOWROOMについては、今後どのような
    成長をしていくのか今一分からなかったのと、そんな中で将来に必ず
    成功する勝算が見えていると言われても共感できなかったのが
    正直な所です。

    少し前に私の履歴書でジャパネットたかたの高田明社長が連載されて
    ましたが、努力の具体性という意味では圧倒的に分かりやすかったかな。

    ただ、前述の通り外資系投資銀行での営業記のあたりは
    参考になる部分も多く、昨今の働き方改革の流れとは真逆をいく
    仕事っぷりですが若手営業マンは得るものも多いと思います。

    https://ameblo.jp/goodlife-k/entry-12381349303.html

  • 「熱さ」は非常に伝わった。

    人生のコンパスを定めること、
    それを徹底的に深堀りすることが何より大切

    仕事に熱量を投下すれば仕事に勝てる

    見方を増やすには、まず自分から周囲を愛すること。

  • 一番のメッセージはどんな時にも絶対にブレない「人生のコンパス」(軸/価値観/ミッション)を心の中に持てば、底なしのモチベーションが生まれ、それにより成功に近づく、つまり「人生の勝算」を手に入れれるという事らしいです。

    言っている事は至極真っ当。正しいのだと思う。ただひねくれた性格の自分には自信家のハッタリと感じたり、癇に障ってすんなり入って来ない場面もあった。

  • モチベーションを上げて頑張っていきたい若者向けのサクセスストーリーっぽい書籍ですね。
    いろんな挫折やどうにもできないジレンマを経験してきたおじさんには、眩しく映る話ですね。

  • 見た目とは裏腹、超ストイックな方のようですね。
    これならば、、とちょっと納得した。

  • シンプル過ぎる。こんなにも人は、信念を持って努力し続けることが出来るのか。

  • 前田さんの今までの人生についてよく分かる本。圧倒的努力、熱量。そして、コンパスを持つこと。20代の若者に強く勧めたい本。primeで無料!

  • 努力と熱量

  • *勝手な解釈も含んでいます

    この本は著者の今までの生立ちや仕事人生を振り返りながら、現在のコンテンツ市場の特徴、成功するコツ、Showroom、将来の市場予測等の話が描かれた書。

    まず著者は少年時代にストリートライブで稼ぐ貧しい暮らしをしていたが、外資系の証券会社に入社しその後DeNAへそしてShowroomを立ち上げた。
    その中でshowroomのマーケティングについて重要にしていた事を下記に記す。

     現在の消費の流れは"モノ消費”→”コト消費”の時代の流れに変わってきている、そしてクオリティの定義が変わって自分のストーリーが質になり自分で消費するということである。これはつまりモノ消費に絆という対価が付随しそれぞれの文脈が形成される。すると価値が消滅しにくくなる。なぜならモノ消費の場合は単純に機能的価値やコンテンツそのものを欲して対価を支払うため、景気や需要の影響が大きいがコト消費ではそれがないからである。
     ではこの"コト消費"を促進させるためには、濃い常連客を作る事が重要であり、以下がその3つの要素である。
    ①絆
    ②コミュニティと呼ばれる絆の集合体
    ③②のプラットフォーム
     
    そしてこのコミュニティについてさらに分析していくと以下のような要素によってその繋がりを強くする事が出来る。
    ーコミュニティ形成のための5つのエッセンスー
    ①余白の存在(マイナス、コンプレックスとなる部分をあえて見せる事で助けてあげたいという心理)
    ②常連客の存在
    ③仮想的の形成(なんだか分からない敵に対して結束して立ち向かおう!)
    ④秘密、コンテキスト、共通言語を共有(特別感?)
    ⑤共通目的やベクトルを持つ

    そしてどのようにして収益に繋がるかというと、Showroomにはギフティングという機能がある。これは”支援してあげたい!”というポジティブなインセンティブの元に成立するシステムである。またはアバタ―に課金をして高いアイテムを所持する事で財力を誇示し、注目してもらうといったことも出来る。

    今後の予測としては、ハード面の変化・データ通信量の大衆化により(5Gがメインになり4Gは相対的に大衆化される)消費者がリアルタイムでリッチな体験(ライブ配信だからついったーとかよりデータ量が多い)=Showroomを求めるようになるという考えである。

    ー以下感想ー
    とにかく筆者の仕事への熱量がすごく感心させられた。プライドを捨ててコミュニケーションしていくのは、自分にも必要なことだと感じたし、その点筆者の分析力と仕事のハウツーは勉強になる一冊だった。

全52件中 1 - 10件を表示

人生の勝算 (NewsPicks Book)のその他の作品

人生の勝算 (NewsPicks Book) 単行本 人生の勝算 (NewsPicks Book) 前田裕二

前田裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
佐々木 圭一
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

人生の勝算 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする