母の友 2017年7月号 特集「手紙のたのしみ」

制作 : 100%ORANGE  クリハラタカシ  植田 真  ユカワアツコ  石川 恭子  塩川 いづみ  秋山 花  斉藤 俊行  石山 さやか  堀川 真  しりあがり寿  ハラユキ  得地 直美  最上 さちこ  佐々木 愛  棚橋 亜左子  工藤 直子  野口 真紀  長島 有里枝  木寺 紀雄  繁延 あづさ  宮濱 祐美子  黑田 菜月  キッチンミノル  三村 健二 
  • 福音館書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910075110770

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手紙特集が素敵だった。
    奥様に何年も毎日絵手紙を書き続けている脇阪克二さん。描くうちに上手くなるし、相手がいると描けるということ。SOUSOUのデザインが好きなので、身近に感じるお話に親近感が湧き、私も真似してみたいと思えた。その後の手紙の書き方や意味のコラムは、改めて手紙がいいものだなと素直に思えるものだった。
    手紙は紙やペンや色々こだわれるし、逆に言うとそれだけ時間がかかる。それが、差出人と受取人の大事な時間になっていること。あぁ、そうかぁ。メールの手軽さも助かるけど、メールにはない嬉しさがあるなと思った。
    マステや切手シートで工夫した手作り封筒もセンス良く真似したくなった。
    「たぶんなんとかなるでしょう」は今回もお母さんの凜としていてユーモラスな部分がツボだった。

  • 2017.6月。
    手紙の特集。
    たのしいー。
    言葉を紙に記して誰かに渡す。
    それが相手の手元に残る。
    そういう人付き合いがいい。
    手紙書きたくなった。

    そして、私、ちょっと載りました。

  • 辻恵子が、手紙についての記事「封筒、便せん、切手ひと工夫で もっと たのしく」のアドバイザーのようなことをしました。  
    http://tsujikeiko.blogspot.jp/2017/06/tegamikiji.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。
代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月に映画公開される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

宮下奈都の作品

ツイートする