愚者の毒 (祥伝社文庫) [Kindle]

  • 祥伝社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (335ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第70回日本推理作家協会賞受賞作。
    非常に秀逸な犯罪小説である。1985年、生年月日の同じ女性ふたりが出会い、友情を育む様に、全てが崩壊した後の2015年の描写が挟まる形で物語は進む。
    推理小説読みにはいくつかの伏線は読み解けてしまうだろうが、それでも最後に向けて張られた伏線は非常に「綺麗に」回収されていく。ミステリーの醍醐味を存分に味わうことのできる作品だ。
    それと同時に、どうしても抜け出す事のできない地獄を、今の時代にも連綿と続く格差というものをこの作品は真正面から描いている。なぜ彼らが犯罪に手を染めねばならなかったのか。その地獄。生まれだけで何もかもが決まってしまう感情。目を背けたくなるが、背けてはいけないその情景が、一人称でありながら突き放したように語られる。
    そして、「善」と「悪」。どこまでも「善き」人と、どこまでも「悪しき」人の対比。最終章で回収される伏線には驚くが、「悪」を非常に上手く表現していると思った。人物描写で上手く悪を表現するのは困難だと思うが、ままならぬ「悪」の存在を明確に、しかも納得感のある形で描ききっている。
    中でも私がいちばん心に残ったのは、登場人物たちの「すれ違い」だ。素直に全てを互いが打ち明け合っていれば打開する機会は何度もあった。と読み終えたときに思う。言えないことの多さ。失いたくない友。知っていることを話さないのが優しさだったのか、それとも全てをさらけ出す事が真の友情であり愛情だったのか。彼らに語り合える術があったらよかったのに、と思う。しかし、犯した罪がそれを許さないのだ。止むに止まれずに行ったことであっても。
    そういう意味で、精緻なミステリ小説であると同時に、どうしようもない人の「業」を垣間見せられる作品であった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

愛媛県生まれ。2006年『るんびにの子供』で第1回『幽』怪談文学賞〈短編部門〉大賞を受賞。17年、ミステリー小説『愚者の毒』で第70回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞する。日常に潜む怪異を描き、恨みや妬み、欲や貧困など、人の心の闇や怖さを浮き彫りにしたミステリーが高く評価されている。

「2017年 『角の生えた帽子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愚者の毒 (祥伝社文庫)のその他の作品

愚者の毒 (祥伝社文庫) 文庫 愚者の毒 (祥伝社文庫) 宇佐美まこと

宇佐美まことの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

愚者の毒 (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする