最新の睡眠科学が証明する 必ず眠れるとっておきの秘訣! [Kindle]

著者 :
  • 山と溪谷社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (166ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 睡眠に関する知識のアップデートに良かった。
    10年前の知識は古くなっているのだと痛感。

    ただ、本のタイトルに惹かれて、眠る方法を手っ取り早く知りたい人は注意。
    半分読まないと眠る方法の話が出てきません。

  • Tips1: 寝室を寝ること以外に使わない
    大原則。眠くてしょうがないという状態になってから寝室にいく。「その場所で寝れた」という成功体験。

    Tips2: 15分眠れなかったら居間に戻る
    寝付けないのになお寝ようとすると、かえって常道が高まり、覚醒に向かう。

  • 過眠症の人向けに思えて、逆に過眠症の私にはあまり参考にならなかった。
    けど、睡眠のメカニズムや睡眠薬については為になった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1964年東京生まれ。筑波大学大学院医学研究科修了。医師、医学博士。日本学術振興会特別研究員、筑波大学基礎医学系講師、テキサス大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、筑波大学大学院准教授、金沢大学医薬保健研究域教授を経て、筑波大学医学医療系および国際統合睡眠医科学研究機構教授。1998年、覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。平成十二年度つくば奨励賞、第14回安藤百福賞大賞、第65回中日文化賞、平成二十五年度文部科学大臣表彰科学技術賞、第2回塩野賞受賞。

「2018年 『「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井武の作品

ツイートする
×