恋愛仮免中 (文春文庫) [Kindle]

  • 文藝春秋
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (187ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 恋愛小説のアンソロジー。
     奥田英朗『あなたが大好き』
     窪美澄『銀紙色のアンタレス』
     荻原浩『アポロ11号はまだ飛んでいるか』
     原田マハ『ドライビング・ミス・アンジー』
     中江有里『シャンプー』

    うーん、ちょいと期待外れだったかな。
    どこかで読んだようなものや、このタイトルのアンソロジーに
    ふさわしい?っていうものが。
    荻原さんと原田さんのはなかなか。
    元々好きな作家さんだからなのかもしれないけどさ。

  • 親しみのある作家ばかりのアンソロジーということで読んでみました。みんなうまいし、短編だけど引き込まれるね。悲しすぎずエロすぎずほどよくリアルででも希望の持てる恋愛本を読みたいときにいいかもね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。近著に『罪の轍』。

「2021年 『邪魔(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田英朗の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×