バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) [Kindle]

  • 光文社
4.32
  • (65)
  • (41)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 409
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (504ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅の想い出にどんなものがある? と改めて考えてみると、実はあんなことしてしまった、こんなことに巻き込まれてしまった、といったハプニングだったりしないでしょうか?

    ウルド浩太郎さんは、そんなハプニングの達人。
    スケールも大きいですけど。
    遠くアフリカの大地で、ハプニングを楽しんでいるようにすら見えます。ご本人もWelcomeと言ってます(うそ)。
    ハプニングを乗り越えるのは、やっぱり一人では無理です。結局お友達を作って、お友達に支えられて解決していきます。
    アフリカは人を強くするのでしょうか。愛にあふれているのでしょうか。アフリカで活躍する日本の獣医さん(滝田明日香さん)の本も実に素敵だったのを思い出します。
    ティジャニは現地パートナー。読んでいて好きになりました。

    サソリに刺されたときの治療のシーンが出てきます。
    大騒ぎして、結局お祈りで治療するなんて。「もう大丈夫だ、安心しろ」って、うせやろ?
    他の方の著書、「ガダラの豚」、「ピスタチオ」にも出てきた呪術師を彷彿とさせます。
    アフリカに関する本は外れがないわ~
    併せて読むといいですねっ。

  • とても良かった ちょっと盛り過ぎ感もあるけどバッタ大好き人間 前野さんのモーリタニア滞在3年間のドキュメンタリー小説。著者が子どもの時読んだファーブルの昆虫記に触発されて以来まっすぐのバッタ道。
    研究者らしくない?発想力と言動力で失敗にめげずサバクトビバッタを現地で極めるべく邁進する姿に魅せられる!そして研究所長はじめ現地の人達の魅力的なこと(笑)
    刊行時に版を重ねた理由が納得できるユーモラスだけど大変面白いドキュメンタリー小説でした。

    • ありんこさん
      なんだか面白そうですねぇ!
      なんだか面白そうですねぇ!
      2020/07/11
  • ブログっぽい文章でくすくす笑いながら読めるのに、最後には「いいものを見せてもらった…」とじんわり感動してしまう、おもしろ生物読み物。子供の頃はファーブル昆虫記のフンコロガシ編を何度も読み、集団になると凶悪になるバッタがいるらしいということにもロマンを感じていたくちなので、とても面白く読んだ。

    - 21世紀になってもサバクトビバッタの生態は驚くほど解明されていない
    - 筆者の失敗と再挑戦の繰り返しに心が浄化される
    - とは言えアフリカまで緑の全身タイツを持っていくのはやはり頭がおかしい
    - 頭がおかしくても社会性が高く、やはり成し遂げる人は人類に対する信頼感が高いのだなと痛感
    - ポスドクを活用しきれていない日本には「もったいないでしょ!」と叫びたい。自分の頭で考えられる、知的な人達がたくさんくすぶっているのはおおきな損失だと思った

    笑っちゃったのはサソリに刺されたときの現地の治療法と、バッタの代わりに研究した虫の雌雄の区別のつけかた。笑っちゃうポイントは読む人みんなちがうと思うので、言い合いっこしたい。

  • 読んでいたらアフリカでサバクトビバッタの襲来の報道を見たのでタイムリーだった。
    ティジャニがいい味出してた。

  • 文句なしに面白い。やや過剰な表現もブログで磨いたノリの良さで笑いながら読める。バッタへの熱量が凄くて、こんなに夢中になれることがあるのが羨ましい。でもただ勢いに任せてるんじゃなくて、周到に作戦を練って遂行し乗り越えていくさまが痛快。やっぱり研究者、いかに成果を出すかのデザインと閃きが普通の人とは一味違う。と読みどころはたくさんあるけど、思わず応援したくなる愛されキャラの作者が一番の魅力なんだろな。

  • 2018年の新書大賞を受賞してさんざん面白いと話題になった本なので今更私がどうこう言う必要はないけど

    むちゃくちゃ面白かった!!!!

    そして盛大にババ所長のファンになってしまった

  • 表紙がインパクト強すぎですが、、
    アフリカで深刻な被害をもたらしているバッタ災害を撲滅するために、モーリタニアで奮闘するバッタ博士の話です。
    あやうく地雷の埋まっている地帯に足を踏み入れそうになったり、サソリに刺されたり、夜中の砂漠で迷子になったりと、かなり危険な生活。そして、昆虫学習としての意気込みが熱い。
    でも、軽快でとぼけた文章により、楽しい本になっています。
    帯に「科学冒険就職ノンフィクション」とあるように、筆者が今回の研究期間の後も、研究者として食べていけるのかと、気になりながら読み進みます。

  • 真っ直ぐに生きているひとは面白い。真っ直ぐに生きているとこんな風に周りの助けが得られるのかと思う。羨ましい。

    本を読むときはあまり色々考えずに感情移入しながら読むほうなんだけど、初っ端「バッタに食べられたい」でドン引きした。感情移入…できるはずがない!
    最後まで読めたのは、バッタ研究に対する真摯さと、それが素人にも十分伝わるユーモア溢れる文章、そしてたくさんの写真のおかげ。飽きさせない。

    個人的なハイライトは、白眉プロジェクト最終面接のシーン。松本前京大総長からの言葉に感動した。カッコいいなあ。

  • バッタ研究で、農作物被害を食い止める!
    ファーブル昆虫記に魅せられて研究者になったウルド氏の奮闘記。
    表紙の著者のコスプレには驚くが研究に対する熱い思いが伝わる1冊。

  • クマムシとか、鳩が首振って歩くわけとか、クモの糸でバイオリンとか。こういう研究は見ている方も、やっている方も楽しいが、よく考えなくても役に立たない。この人たちはどうやって食っているのだろう。研究費は誰が出してくれるのだろう。プロの科学者が自腹を切っているとも思えない。
    本を書けば、ぼくみたいな物好きが喜んで買うけれど、それは結果で最初から「印税で返すから研究費を」みたいな交渉が成立するとも思えない。
    たぶん、天文学とか、考古学なんかも状況は同じだろうと思う。職業としての科学者は、どうやって成立しているのだろう? ずっと興味があった。
    その一端をのぞくことができる。

    やっぱりそれなりに厳しく、世知辛い世界のようだ。ぼくたちサラリーマンの世界より、才能と売り込みと運に左右される、 アイドルや俳優の世界に似ているかもしれない。
    バッタの大発生を抑えるための研究は「役に立つ」わけだが、それでも簡単なことではない。アイドルもバッタ学者も、才覚一つで身を立てるのは大変なのだ。頼れるものは情熱一つ。

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

前野ウルド浩太郎(まえの うるど こうたろう)
1980年秋田県生まれ。弘前大学卒、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了、京都大学白眉センター特定助教を経て、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター研究員。モーリタニアでの研究活動と意欲が認められ、現地では最高の敬意が込められているミドルネーム「ウルド」(~の子孫の意)を授かり、通名・研究者名にする。「研究のことを世に知ってもらう宣伝活動と研究活動の2軸を柱にバランスを考え」活動中。主な著書に『孤独なバッタが群れるとき――サバクトビバッタの相変異と大発生』、第6回ブクログ大賞、第71回毎日出版文化賞受賞作『バッタを倒しにアフリカへ』。

前野ウルド浩太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×