バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) [Kindle]

  • 光文社
4.22
  • (39)
  • (27)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 238
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (504ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブログっぽい文章でくすくす笑いながら読めるのに、最後には「いいものを見せてもらった…」とじんわり感動してしまう、おもしろ生物読み物。子供の頃はファーブル昆虫記のフンコロガシ編を何度も読み、集団になると凶悪になるバッタがいるらしいということにもロマンを感じていたくちなので、とても面白く読んだ。

    - 21世紀になってもサバクトビバッタの生態は驚くほど解明されていない
    - 筆者の失敗と再挑戦の繰り返しに心が浄化される
    - とは言えアフリカまで緑の全身タイツを持っていくのはやはり頭がおかしい
    - 頭がおかしくても社会性が高く、やはり成し遂げる人は人類に対する信頼感が高いのだなと痛感
    - ポスドクを活用しきれていない日本には「もったいないでしょ!」と叫びたい。自分の頭で考えられる、知的な人達がたくさんくすぶっているのはおおきな損失だと思った

    笑っちゃったのはサソリに刺されたときの現地の治療法と、バッタの代わりに研究した虫の雌雄の区別のつけかた。笑っちゃうポイントは読む人みんなちがうと思うので、言い合いっこしたい。

  • 真っ直ぐに生きているひとは面白い。真っ直ぐに生きているとこんな風に周りの助けが得られるのかと思う。羨ましい。

    本を読むときはあまり色々考えずに感情移入しながら読むほうなんだけど、初っ端「バッタに食べられたい」でドン引きした。感情移入…できるはずがない!
    最後まで読めたのは、バッタ研究に対する真摯さと、それが素人にも十分伝わるユーモア溢れる文章、そしてたくさんの写真のおかげ。飽きさせない。

    個人的なハイライトは、白眉プロジェクト最終面接のシーン。松本前京大総長からの言葉に感動した。カッコいいなあ。

  • いやはやここまで面白いとは恐れ入った。作者のユーモアに溢れた文章が素晴らしい。自分アピールもちょこちょこ入るが決して不快ではない。これまで全く興味を持った事がないバッタの生態だが、筆者にかかると、ホウホウそうなのかと次が思わず知りたくなる。モーリタニアで出会った人々も実に魅力的だった。次回作が是非読みたい。

  • 昆虫学者という生き方について、
    モーリタニアの文化について、
    自虐ネタを交えた楽しい文章で読みやすかった。

    一番刺さったのは、最後の方のラマダンについての記述。

    人間は、すぐに今の環境になれてよりよいものを求めてしまうが、ラマダンなど今の生活を制限してみることで、
    今どれだけ自分が恵まれているかに気づくことができる。

  • 近年読んだ本の中で一番面白い

  •  著者の前野氏は幼少時から昆虫が大好きでファーブルに憧れ、バッタに食べられたいと願ってバッタ博士になったという。本書は彼がポスドク時代にアフリカのモーリタニアでバッタ研究に従事した時の体験記だ。

     なんとなくネットで話題になっていたので読んでみたが、これは恐らく研究者のPR書籍とでも言うジャンルの本だと思う。大部分は著者が悪戦苦闘した様子のドキュメンタリー的な内容で、バッタに関する学術的な解説はほとんどない。にも関わらずなんだか面白そうという雰囲気は伝わってくる。

     ただやはり自分も理系なので、バッタに関する学術的な解説ももう少し欲しかった。それは同じ著者の前作である『孤独なバッタが群れるとき』に書かれているのだろうか。機会があれば読んでみたい。

     アフリカには行ったことがないのでなかなかイメージしにくいが、非常に多くの写真で現地の様子が紹介されている(写真はカラーなのでKindleとiPadを併用して読んだ)。いかにもな話、意外な話、色々あって面白い。ただし、地平線まで空を埋め尽くすバッタの大群の迫力までは写真ではつかめない。そこはやはり体験者だけが共有できる部分だろう。

     なお著者明に「ウルド」と入っているが別にハーフとかではなく、その理由は本書で説明されている。それもちょっと面白いので気になる人は読んで下さい。

  • 今日本屋に行くと、表題の本が平積みされていた。

    蝗害とはどういうものなのかを知りたくて先日読んだバッタ本がチョイスミスだった(飛蝗の種類に関する本だった)こともあり、即購入!

    で、さっそく読んでみた・・・のだが、

    これは面白い!
    まず著者が面白い!

    バッタアレルギーなのになぜかバッタの研究者になったという著者の夢は、
    バッタに食べられること。

    意味わからない(いい意味で)!

    で、その夢をかなえるためにアフリカまで行ってしまうのだからまたすごい。

    バッタの話も面白いが、それ以上に普段関わりがないアフリカでの生活や食文化が知れるルポタージュとして面白い!

    挿絵が多く現地の様子がわかるのもよい。
    バッタが空を埋め尽くし、向かってくる写真は圧巻!

    内容はそんなに重くはないのでさらっと読めるので、気になった方は通勤通学の合間にでも読んでみてください。
    あなたの知らないバッタとアフリカの生活がそこにある。

  • 新書だから研究結果の最前線を期待していたが、いい意味で裏切られた。研究の最前線。そのひたむきさが素晴らしいよね。前野博士のこれからの活躍に期待。研究成果も是非読んでみたい。オススメの一冊

  • 小さい頃の夢、バッタに食べられてみたい、という夢を叶えるためにバッタ研究者となった筆者。バッタ被害に苦しむアフリカの状況に対抗するため、単身モーリタニアに渡りバッタ研究に没頭するルポルタージュ。
    普段関わりがないアフリカでの生活や食文化がリアリティを持って描かれている。愛すべき研究所のスタッフや所長との人間関係や、バッタへのこだわりが面白おかしく描かれている。内容的にはとても面白い。筆写自身の表現力の豊かさもあるのだろうけど、笑いあり、感動ありと納得のいく内容だった。
    普段はノンフィクションものはあまり読まないけど、これは読んでよかった。ほかに代わりがない良書。

  • バッタ博士の新刊。アフリカのモーリタニアで行ったフィールドワークの記録がメイン。サバクトビバッタの生態よりも前野ウルド浩太郎の生態について詳しくなれる。

    砂漠の地という日本とかけ離れた環境において、どのように暮らし、研究していくのか。著者の研究者として生き抜く術は、読んでいて感心してしまう。最初の頃は給料や賄賂をぼったくられたりしていたが、終盤になるとヤギで調査チーム う買収することでスムーズに研究を進めるなど成長の様子が伺える。

    ともあれバッタに対する愛と執念は驚くべきものであり、分野は違えど見習いたいものがある。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

前野ウルド浩太郎(まえの うるど こうたろう)
1980年秋田県生まれ。弘前大学卒、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了、京都大学白眉センター特定助教を経て、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター研究員。モーリタニアでの研究活動と意欲が認められ、現地では最高の敬意が込められているミドルネーム「ウルド」(~の子孫の意)を授かり、通名・研究者名にする。「研究のことを世に知ってもらう宣伝活動と研究活動の2軸を柱にバランスを考え」活動中。主な著書に『孤独なバッタが群れるとき――サバクトビバッタの相変異と大発生』、第6回ブクログ大賞、第71回毎日出版文化賞受賞作『バッタを倒しにアフリカへ』。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)のその他の作品

前野ウルド浩太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする