神・時間術 [Kindle]

著者 :
  • 大和書房
4.33
  • (10)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良書です。「運動はしたいが時間がない」と(多数の読者と同様)思っていた自分にとって「運動することで起床直後のゴールデンタイムを再度作り出すことができる」というメッセージは心に響きました。これはあくまで一例にすぎず、実生活に取り入れたい時間術が他にもたくさん、説得力をもって書かれていました。繰り返し読みたいので、購入してよかったです。

  • 自己啓発書はどれも構成が同じですごい。謎の決め付けがよく出てくる。ゲーム脳の森昭雄が出てくるのもポイント高。

  • 「アウトプット大全」を読んで筆者がどのように時間を使っているのかを知りたかったためAmazonKindleで購入。「神・時間術」というタイトルは大げさですが、内容としては①朝・昼・夜の過ごし方、②仕事・自己投資・余暇の使い方とバランスよく網羅されています。少しルーチン時間が乱れていたので、これを機に平日の過ごし方を見直し、仕事・プライベートともに「今にコミット」して全力で楽しく生きることを心掛けたいと思いました。

  • 生産性を数倍に上げることをメインにおいている。そのための手段として早寝早起き、運動などの必要性を説明している。

  • 一人だけ残業の対策学習のために引き続き購入した。
    一日の時間の使い方について、何気なくやってはいけないことがやはりやってはダメで、耳にしたことのある時間の使い方がやはり良くて、善悪がこの本でしっかり分けられたことが大変勉強になった。
    早速取り入れてみて、やはり仕事の進み方が違うのを実感した。一人で仕事をしているわけではないので、やりすぎはチームに迷惑をかけるので、可能な限り取り入れていこうと思う。

  • 面白かった。
    医師だからちょこちょこエビデンスも示しているし、自分でもすでにやっててそうそうと思うところもあったりして、納得感あり。
    まずは、脳のゴールデンタイムを活かすだな。朝の情報番組は不要。

  • 二次元時間術(集中力×時間)という概念で仕事量をとらえるという発想に衝撃を受けました。
    ある仕事をするのにいつでも1時間かかるわけではなく、効率の良い時間に行うことで短時間で済ますことができる。これなら、仕事の効率を上げ時間を作り出すことができそうです。
    また、著者は捻出した時間を仕事に費やすのではなく、趣味や娯楽に充てる、もちろん睡眠時間は削らないというスタンスが非常に魅力的だと感じました。効率を重視して人間らしさを失ってしまっては、元も子もないと思います。

    本書で特に、学んだ事を記載します。
    ・脳のゴールデンタイム:起床後2、3時間および就寝前15分
    ・かなり深い集中が持続できる濃い集中時間は「15分」程度。
    ・雑念が出たら書き出すことで脳の緊張がとれて雑念がすっきりと消去される。

  • めっっっっっちゃ良かった!
    外食ランチこそが「最強の集中力リセット術」ということで、外食なう☆

  • 精神科医でベストセラー作家の
    樺沢紫苑さんが自ら実践する
    『神がかり的な時間の使い方』を紹介した本です。
     
    最も効率のいい時間の使い方は
    『集中力を高める』こと。
     
    そのために『睡眠』をしっかりとることが
    大事になってきます。
    しかも、質の良い睡眠をとることが重要。
     
    その他にも朝時間の活用や
    〆切効果、こまめな休憩等
    ご本人が実践して、結果を出しているからこそ
    説得力のある方法がたくさん載っています。
     
    私はまず『少しでも早く寝る』ことから
    始めてます。
    これで睡眠時間の確保。
    これだけでもここ数日、すこぶる調子いいです。
     
    効率のいい時間の使い方ができるよう
    一つずつでも意識して実践していきたいと
    思います。

  • 「時間は人生の通貨」であるので、効率よく運用することが大切だ。

    1日24時間の時間にはよしあしがあり、起床後、始業時、就寝前などのゴールデンタイムを何を置くかという「時間のジグソーパズル」が重要。

    仕事だけでなく、遊びの時間も踏まえて時間を組むのも大切だ。クリエイティビティを求められるのは意外にも仕事より遊びのほうであることも多い。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神・時間術のその他の作品

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 単行本(ソフトカバー) 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
岸見 一郎
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
スティーヴン・ガ...
ヴィクトール・E...
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする