星の子 [Kindle]

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと気になっていた今村夏子さん。想像以上の読み心地のよさにほぼ一日で一気読みだったのだけど、ラストはおおこれで終わるのかという、衝撃のラスト慣れした人間にこれまたいい感じに肩透かしをくらわせる終わり方で。主人公の子どもらしい食欲の描き方が印象的。また機会があったら他の作品も読んでみたい。

  • 今村さんの作品はゆったりした時間が流れてる。
    テーマとしてはヘビーになってもおかしくないのに、なんだかほんわか話が進んで行くのが好き。

    なんにも解決したり、進展したりしないのだけど、結末後を想像させる感じがとてもよい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

今村夏子(いまむら なつこ)
1980年広島県生まれ。2010年「あたらしい娘」で第26回太宰治賞を受賞。「こちらあみ子」と改題、同作と新作中短編「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』で2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。2016年、文芸誌『たべるのがおそい』で2年ぶりの作品「あひる」を発表、同作が第155回芥川龍之介賞候補にノミネート。同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞受賞。2017年、「星の子」で第157回芥川龍之介賞候補ノミネート、第39回野間文芸新人賞受賞。 2019年、「むらさきのスカートの女」が第161回芥川龍之介賞を受賞した。

星の子のその他の作品

星の子 単行本 星の子 今村夏子

今村夏子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする