リバース Blu-ray BOX

出演 : 藤原竜也  戸田恵梨香  玉森裕太  小池徹平  三浦貴大 
  • TCエンタテインメント (2017年10月25日発売)
4.18
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474187893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  録画したままそっと置いていたものをようやく見ました。
     後からこちらもドンドンネットの評判が上がっていって、でも、逆に上がれば上がるほどこっちの期待値も上がっちゃって見れない……という状況になっていたんですが、いい機会だったので、ようやく見ました。

     で、見たんですけど。
     やっぱり普通に面白かったです。
     でも、なんでこんなに面白いんだろう? って思った時に「原作 湊かなえ」って書いてあったテロップ見て納得しました。
     どうしせ、湊先生の書く話ってこんなにドラマ化に向いてるんでしょうね。
     読んでも読んでも、別の答えがある感じがとっても連続ドラマに向いているなあ、と思います。

     さて、そんな前置きはさておき。
     物語は過去に旅行先で友人を亡くした4人のゼミ仲間の話。
     彼らはその時にちょっとした嘘をついた。
     そのことが原因で、あまり連絡が取れずにいた4人に対し、「人殺しだ」という告発文が届いた。
     そのことから、今まで目を逸らし続けていた真実に目を向け始めた。

     ……という話でした。
     最初は脅迫者は誰なのか? 仲間の中に誰か犯人がいるのではないか?
     経過はいろいろあったんですけど、最後はそれなりのハッピーエンド。
     面白いです。

     でも、これって他の湊かなえ先生の作品とすごくBGMとかが煮ているなあって思っていて。
     やっぱりスタッフさんとか一緒なのかなあと思いました。
     他の湊かなえ先生原作のドラマが好きな人にはこちらも充分にオススメできます。

  • 原作を読んでイメージが違うなと思っていた役者さんも、見始めるとかなりみんなハマっていて、ストーリーもオリジナル要素が多かったので毎週楽しみに見ることができました。どんくさい藤原竜也は新鮮だったし、一人だけ若すぎるのでは?と疑問だった玉森裕太も思った以上に素晴らしかったし、大きくない広沢なんて!と思っていた小池徹平は天使でした。ドハマりした「Nのために」のスタッフさんということで演出やテーマ曲の使い方などは相変わらず好みでした。ただ、原作では描かれなかったその後が描かれるというので、深読みしすぎて深瀬のコーヒーが原因ではなかったという「まさか」を期待していたのですが、そこは覆らず…しかもずっと引っ張ってきた謎のオチというか真犯人がしょぼかったのもガッカリで…。毎週かぶりつきで見たわりに最終回でスッキリ満足とはいかなかったというのが本音です。

    原作ではドライな関係に見えた深瀬と他のゼミ仲間たちが、ドラマでは結構仲良さそうになっていたのは嬉しかったです。羊飼いとか。

  • 最終回で希望が見えたのが良かった。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リバース Blu-ray BOXはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

リバース Blu-ray BOXを本棚に登録しているひと

ツイートする