人形の国(1) (シリウスコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (7)
  • (13)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :83
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (183ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「シドニアの騎士」も相当にナウシカだったけど、これはさらにナウシカ。導入なんかはもうまんまトルメキアの風の谷侵攻。1巻から盛り上がってるので今後も期待できそう。

  • 最初に登場する人物で、主人公クラスなのかな、と思われるキャラが1話であっという間に殺されてしまうのが、案外衝撃的だった。

  • おお、惹き込まれる。相変わらずBLAME,シドニアと世界観は同じなのですが、かなり人間(?)の出番が多い。そして、相変わらずの唐突なお笑いというかサービスと言うか(笑)。ドラマチックな展開を期待。

  •  人工天体アポシムズの極寒の地表で暮らす人々。大きな力を持つリドベアの侵攻。ヘイグス粒子やエナなどの用語はシドニアの騎士と共通している。なお「シドニアの騎士」2巻によると,アポシムズはシドニアと最も近い位置を航行していた恒星間宇宙船で,2691年2月にシドニアと最後の通信をして連絡が途絶えている。シドニアの騎士は3394年から始まる物語なので,通信が途絶えて673年後のシドニアから始まっている。
     ゼゾの城の最後と旅立つエスロー&タイターニア。

  • 白い画面が残酷できれいだ。

全5件中 1 - 5件を表示

人形の国(1) (シリウスコミックス)のその他の作品

人形の国(1) (シリウスKC) コミック 人形の国(1) (シリウスKC) 弐瓶勉

弐瓶勉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人形の国(1) (シリウスコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする