ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

監督 : ジェームズ・ガン 
出演 : クリス・プラット  ゾーイ・サルダナ  デイヴ・バウティスタ  ヴィン・ディーゼル  ブラッドリー・クーパー 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017年9月6日発売)
3.87
  • (29)
  • (48)
  • (23)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :217
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241768018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作を思いっきり忘れたまま鑑賞。
    観たことしか覚えていません(--;)
    でも楽しかった~♪

    冒頭のゴキゲンなミュージックに乗せての強敵との戦闘シーンでワクワクさせられました。ここひとつで「この作品はこういう映画なんですよ~。肩肘張らず楽しんでってね!」と自己紹介が出来ている。内容はいろいろてんこ盛り。盛りすぎでは?と思うほどにお腹一杯になれます。今回は「家族」がテーマかな。ちょっと男泣き(女ですが、気分が、です)のシチュエーションもありました。なんとなく某有名SF活劇シリーズへのオマージュなのかな?というところもあります。

    キャラの中ではやっぱり凶暴アライグマびいきです。
    思いきりギュウギュウすりすりしたいですね。
    殺されそうだけど(笑)

    見る人は前作から観るのがおすすめです。

  • 円盤発売前に映画館で二回見てしまいました。4DXとの相性最高でしたよ!
    映画館でおかわりしたのはハウルの動く城、まどマギ叛逆以来でした。
    タイトルが出てくるまで、激戦中のいつものやつらとそれを知らんぷりで踊りまくるグルートからもうがっちり心を掴まれた。
    ヨンドゥ。ヨンドゥ。この作品はもうヨンドゥしか言えない。ヨンドゥ派のタルクさんイケオジなのにすぐ殺されて切なかった。
    ネビュラが大好きだったので生きてて良かったしガモーラとちょっと仲直りしてくれて嬉しかった。
    クラグリン(監督の弟さんらしい)もいいキャラですよね。
    何よりしびれたのはロケットがたった一匹でラヴェジャーズを次々撃破したこと。かっこよかった。ヨンドゥにはかなわなかったけど。
    ヨンドゥの武器めちゃくちゃ欲しい。あんなかっこいい武器欲しい。
    ピータークイルは肉親を三人も目の前で亡くし(一人は自分で殺してしまった…)つらかろうけれど、きっと家族たちがそばにいるから、乗り越えていくんだろうな。もうグルートの反抗期の洗礼受けてるみたいだし。
    グルートが間違えてヨンドゥのパンツ持ってきた時と、空間移動で体がぐんにゃぐんにゃになってた時、観客の笑いがすごかったですね。コメディなのにじーんと泣けた。ドラックスの乳首ネタ最高でした。

    ただちょっと映画ファンの中でもこれはどうなの?という点が2つ。
    ひとつめは、ドラックスがマンティスを醜い醜いと連発すること。ドラックスの星ではマンティスはあまり好みでないのか?多様性の話か?と思ったんですけどお前とセックスはムリ、みたいなこと言ってたのがうううーんとなりました。
    あと、ラヴェジャーズがミニグルートを虐めてたやり口が子供の虐待に見えること。この2つで評価が分かれている気がします。私もちょっと許せないかな。でも、そこを除けば良かったんだよな…

  • MCUにシルベスター・スタローン、カート・ラッセル、デビッド・ハッセルホフ(本人役で一瞬だけ)がまとめて降臨!

    ハッセルホフのセリフは二言くらいしかないので、それだけだったらささきいさお御大が吹替えてなかった可能性もあるが、日本人にとって都合のいいことに(笑)、たまたまスタローンも一緒に出てたもんだから両方ともささきいさおでバッチリ!これは嬉しかった。

    反面、ロケットの加藤浩次などはやっぱり残念。声優の中に入ると声優でない人の声はどうしても浮きやすい。本人たちはきた仕事を頑張ってやるだけなので罪はないが、安易な芸人・タレントの起用は吹替え作品のクオリティーを下げるし、ファンをがっかりさせるだけ。

  • 一作目より面白くなってる!!あーシリアスなしのギャグでいくんだな~と軽く観てたら中盤からアツい展開が待ってた 父と息子のあの展開はベタでも泣いたよヨンドゥ…メリーポピンズを観るたびヨンドゥを思い出すよ… 画面のギラギラの色味も音楽も楽しかったしラストの思春期グルート(息子)とスターロード(おとん)も可愛すぎ続編も観ます!

  • アメコミ原作で一番好き。
    全員のキャラの立ち方、見せ方、とぼけ方がたまらない。
    色彩が主張しすぎな画面、70年代の軽快で印象的な音楽、ボケつつも王道なストーリー展開が、バランスよく成り立っている。
    二作目でも健在な面白さ。
    むしろ前作にあったよさが軒並み伸びていったような形で面白かった。

  • キャラクターが多いけどそのぶんそれぞれの役目が上手に振り分けられていて、決して主人公一強にならないの素敵だなって。
    今回ロケットが第二主人公くらいの役割担ってて、ピーターに対しては「親父」としていい顔してたいヨンドゥの弱さを受け止める役として戦友的な立ち位置だったのが印象的だったな。
    それがラストに効いてきてて、あの役目はロケットにしかできなかった。
    同じことはクラグリンにも言えて、あの花火を見て感極まるのは、ラヴェジャーズとしてその意味を肌で理解してる彼にしかできなかった(私はここでいつも涙腺が決壊する)。
    そのときのピーターの反応がきれいだなーってガモーラといい感じになってるのは ちょっと面白い。

    こういう役割の振り分けが全員分しっかりしてるから悪役も含めて皆が魅力的だなって。

  • どうしよう。
    みんな好きだ(笑)

    ベビーグルート最高。

    二回目。やっぱり好きだ。

  • アクションと笑いと感動、すべてが過剰気味詰め込まれて、かつ奇跡的にバランスも保たれている。テーマは友情と家族愛? 前回はまだ寄せ集めだったガーディアンズが、悪口を言い合いながらも、仲間のために体を張って戦う姿にはムネアツ(フリートウッド・マックの「Chains」の使い方が最高)。父親と仲間のどちらをとるかで心が引き裂かれるスターロードの姿にも共感します。

    登場人物が増えながらも、それぞれの見せ場をちゃんと作るのもさすが。でも、なんといってもヨンドゥが全てを持っていってしまったな。前作ではいい奴なのか悪い奴なのかよくわからなかったのですが、本作ではしっかりキャラを確立。元からめちゃくちゃ強いし、ガーディアンズに加入なら最高じゃん、と思ったら・・・。「ずっと探していたものが実はすぐそばにあった」。コメディタッチの映画でここまで泣かされるとは。

    あとベビー・グルートが可愛すぎ! たぶん次作では成長してしまっているので、ベビー・グルートが見られるのは本作だけ。それだけでも価値が高い!

    「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B00PFOH29I

  • グルート!!

    期待しまくりで初日に見てまいりました
    ガーディアンズ オブ ギャラクシー リミックス!!
    アバンタイトルからサイコーっ

    がっつりあのメンバーが濃度濃く最初からおしまいまで
    見せてくれます。
    ジェームズ・ガン監督のコメディ&サービスのセンスに酔いました。

    そりゃ言いたいことも無いわけじゃないけど
    見なきゃ始まんないし、見なくていいなんて絶対無い
    ことだけは言える。

    楽しくて、かっこよくて、笑って、キューっとして
    そしてグスッとできる大好きな映画でした。

    そして当然お世辞抜きにVol.3をお待ちいたします。!!

    スクリーンで見なきゃいけませんよー

    あ、一作目は見てからのほうがいいよ。

    劇場鑑賞 2017/05/12

  • 胸熱です。

全43件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする