パッとしない子 (Kindle Single) [Kindle]

著者 :
  • Amazon Publishing
3.40
  • (20)
  • (44)
  • (61)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 314
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (42ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編ながら、読み応えあり。
    畳み掛けるように主人公を追い詰める、元教え子の佑。佑が帰り、傷心のまま、やっと解放されたと思いきや、更にとどめとも言える衝撃の事実を突きつけられてしまう。
    他の人のレビューには、主人公の美穂の行為を悪くないように書かれていたり、寧ろ美穂を擁護するようにも取れたりするものも見られる。けれど、私は読んでいくうちに、美穂に対する憤りを感じた。
    佑と会話するほんの数時間前に、他の先生との会話の中で佑のことを「パッとしない子」「地味な性格」と言っているではないか。なのに、佑に指摘されて「(そんなこと)言ってない
    」と何回も否定し、過去の自分の行為も「(佑が)繊細すぎるのだ」と反省していない。
    「私、そんなに悪いことした?」この言葉が美穂の本音。その言葉がさらに佑を傷付けるとは思わないぐらいのおバカさんぶりを見せつけてくれる。
    「僕を見ないで」ーアイドル全盛期の佑をテレビで見ない日は無い。テレビや雑誌で佑を見るたび、美穂は心をえぐられることだろう。
    残念ながら、美穂のような教師は多い。私も美穂から見たら「パッとしない子」だった。
    だから、佑の気持ちがよくわかる。
    おとなしく、教師の手がかからない子で、先生を「友達」と思えない(先生はあくまでも「先生」という考え)児童は目をかけてもらえない。でも、どんな児童でも、教師からのあたたかい声掛けを待っているものである。
    学校は閉塞的な空間で、子どもはそこから逃げることはできない。逃げる=不登校となる。教師は慎重に言葉を選んで話すべきである。特に、若い教師は感情に任せたままの言動が多いので、気をつけて貰いたい。
    ちなみに、今、私は小学校で教壇に立っている。「パッとしない子」に目を向けることは忘れない。

  • KindleSinglesにて。
    コレはなかなか胸クソ悪い。
    よい。
    よいね。
    辻村深月はホント読んでみるまでどっちかわからないから楽しいわ。
    いやあもうホント出てくるヤツらがみんな好きになれない感じでよい。
    そして普通にいそう。
    それがまた胸クソ悪さに拍車をかける。
    いやあよかった。

  • 「尊敬しなくていい大人もいる」なんてこと小学生はわかっていないのかもしれませんね。
    それを初めて体感させてくれたのが自分の担任だなんて、悲しい。
    謙虚な気持ちを大切にしよう。
    傲慢になっている大人たちに読んでほしい。

    読んだあとに知りましたが、著者の辻村深月さんは『ツナグ』を書いた人なんですね。
    なんだかしっくりきました。
    映画の方しか知りませんが「道は凍ってなかったよ」このセリフは忘れられません。原作読みたい。

  • 短くてさらっと読めた。

    教師ってしょうもないって今ならわかるけど、
    判断材料も持ってない純粋な子どもからしたら教師の悪意とか区別とか敏感に感じ取ってその後ずっと残ってしまうんだろうなぁと思った。

  • 人は誰も自分で気づかぬうちに自分に関わりのある人、あった人を傷つけてしまっているかもしれない。主人公は教師であるが、これは教師以外の私達でも起こりうることである。
    教師という子どもたちにとっては、とても影響力の大きい存在の大人の言動の重さを感じる。
    短い作品ではあるが、そこにちりばめられた要素が最大限に効果をもたらしている。主人公の生徒に人気のある明るい性格や今ではトップアイドルとなった教え子等序盤は軽やかにストーリーはすすんでいくが、中盤以降の思わぬ展開に読者は驚かされ、先を読まずにはいられなくなる。
    教師という職業は今でもやはり聖職であろう。しかし教師本人は生徒にとってそこまで偉大な存在であるとは感じていないのかもしれない。実社会を経験せず、学生から即、教師という人が大多数であろう。そんな中でいったいどれだけ、教師は精神的に大人になって、広い視野を持って教え子達を見つめているだろう。
    何十年も教師をしていれば、印象に残る子、ほとんど忘れてしまう子もあろう。しかし生徒にとってはその先生はひとりだけ、一生記憶に残る存在である。
    改めて教師という職業の重さを感じた。
    また私自身も知らずに人を傷つけているかもしれないと辛くなった。

  • 主人公の小学校教師・美穂が、かつて教え子だった子が大人になり大スターとなってテレビの企画で学校にやってくることになった。パッとしない子という思い出しかなく、唯一思い出せるエピソードが運動会で門を黒く塗りたいと希望したが、他の先生に反対されたところを美穂が許可して例年とは違ったかっこいい門を完成させることができたというくらいだった。
    撮影が終了し、その教え子からまさかの2人で話をしたいとの言われ、もしかしたらあの時のお礼を言われるのではないかと期待していた。しかし、2人で話をし始めると、美穂の言動で今までどれだけ傷つられたかということを怒り顕にして伝えられショックを受ける物語だった。

    今までいろんな人と関わってきたけれど、自分にとって大事に思っていない人は記憶にも残っていないことが多く、その相手を大切に思っていないという気持ちが、何気ない言葉・行動で相手に簡単に伝わってしまう怖さを感じた。
    今まで生きてきた中で、自分も知らず知らず傷つけてきた人が何人いるのだろうかと背筋が凍った。

  • 背筋がぞっとした。
    文章だけで、ここまで臨場感持って嫌な気持ちになるのは久しぶり。私もだいぶ内気な時期が長かったので、男子ばかり見てるおばさん先生とか大嫌いだったなぁ。。。理不尽に怒られた記憶とかがリフレインされる。

    わからない人には本当に、わからないんだよね。
    絶望が心に重い。

    話をしないで、ではなく、「見ないで」なのがより拒絶を現してるんだろう。。。

  • 単純に好みじゃない。
    主人公の教師も恨み言をいうアイドルも幼稚な精神構造に思えてしまう。
    なんとも後味が悪い。

  • 2018/08/03

  • これはホラー

全66件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1980年山梨県生まれ。
千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞をそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第15回本屋大賞の大賞を受賞した。
他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。

パッとしない子 (Kindle Single)のその他の作品

パッとしない子 Audible版 パッとしない子 辻村深月

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
湊 かなえ
辻村 深月
朝井 リョウ
ピエール ルメー...
恩田 陸
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする