こいしいたべもの (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素敵な挿絵と文章に癒されました。

  • 全巻に続いて食べ物とそれに結びつく思い出のエッセイ。釜飯であったりホットケーキであったり思い出が重なることで共感出来る。読んでいると関連してあそこの饅頭やコッペパンなど自分の思い出も思い出せる。

  • 【大人気『いとしいたべもの』の続編が文庫オリジナルで登場!】幼い頃母が作ってくれたホットケーキは格別の味。一口食べた瞬間甦る懐かしい味の記憶を心温まる文章と絵で綴るビジュアルエッセイ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

森下典子(もりした のりこ)
1956年生まれのエッセイスト。『週刊朝日』のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版。代表作『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』は、大森立嗣監督・脚本、黒木華主演により2018年10月13日映画化され、樹木希林の遺作ともなり、大きな話題となった。他に、『いとしいたべもの (文春文庫)』『猫といっしょにいるだけで』などの作品がある。

こいしいたべもの (文春文庫)のその他の作品

森下典子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

こいしいたべもの (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする