死ぬほど読書 (幻冬舎新書) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.47
  • (3)
  • (14)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (136ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  読書の有用性について、平易で明快な文章で書かれている。読書好きが言いたいことをことごとく代弁して貰ったようで嬉しかった。
     以下、著者が作中で語っている内容について、特に共感した部分と思ったこと。

    「無知の知を知る」
     まさしくわたしが普段の読書で意識していることで、本というのは大抵、個人または複数の著者の持てる知識と筆力を尽くして書(描)かれるもので、一冊でたくさんの知識や学びを得ることができる。世の中に無数にある本の数だけ自分の知らないことがあると考えると、自分の知識の小ささと読みたい(知りたい)本が無数にあることに気が遠くなったりもする。

    「考える読書」
     本の内容について「なぜ?」「どうして?」と疑問を持ち、それに対する自分なりの答えを考えながら読んでみる。学術書や実用書なら、著者の言っていることは正しいのか理論的に考察してみる、小説などのフィクションであれば、登場人物の心情や言動の理由を想像してみる、など。ついでに、巻末に参考文献一覧がついていれば、さらに参考文献を辿ってみて知識を深めていくのも楽しい。読書によって読みたい本が増えて知識も深まっていく、読書スパイラル、というか読書沼。

    「本は食べ物と一緒」
     自分で面白そうだと思う本を探して読め。どんな本でも、興味のあるところから入っていって、好奇心の刺激される方向へさらに知識を求めていくと、読みたい本の幅も増えていく。わたしも今の自分が小説以外の本を好んで読むようになるとは思ってもみなかった。

    「史料性の高い本には、その行間を自分の想像力と思考使って埋めていく楽しさがある」
     妄想系オタク女子か、と思ってしまってすみません。断片的な情報を繋ぎ合わせて頭のなかで風景を再現するのはとても高度な読書だと思う。こうした読書をできるようになりたい。


     その他、経営者としての著者の経験談として、「虚栄心は人が向上したり、社会が発展していく上で欠かせない」「優秀な人ほど隠し事をする(嘘をつく)」など。誰もが持っている業のようなものを否定せず前向きに捉えていることに目から鱗が落ちた。



     本書の印税は全額寄付されるとのことで、寄付先の一つに「滋賀大学経済学部附属資料館」が挙げられており、浅からぬ縁のある身としては、偶然ながら微少な貢献ができて良かった。

  • 読書本を読んでないなと思い、Kindleセールで購入。控えめな記述だが、読書好き具合が伝わってきて、にわかな私にも共感できる心地よさがあった。

  • 読了。
    私自身、読書の効用や価値を云々されなくとも、単に好きだから本を読んでるだけなのだが、多少なりとも所縁ある方の著作ということで手に取った。実際、本書は読書法や本の選び方といったHow Toではなく、読書好きの著者の人生感?を語ったものだった訳だが、「問題があるということは、懸命に生きている証」「失敗しても死ぬわけじゃない」という、読書云々とは関係ない言葉に救われた気がした。

  • 著者の丹羽宇一郎氏は伊藤忠商事名誉理事であり、70代後半の男性。ライフネット生命社長の出口治明氏の著書と類似の内容があり、経営者の思考や嗜好は似通ってくるのかもしれない、と興味深かった。

    ○本に代わるものはない
    ・ネット全盛だからこそクオリティの担保された本を読む
    ・無駄な読書はない、そこから何を学ぶか
    ○どんな本を読めば良いのか
    ・ベストセラーやハウツー本ではなく自分に必要なものを読む
    ○頭を使う読書の効用
    ・考えながら読むことで考える力を養う
    ・心に栄養を与える
    ○本を読まない日はない
    ・著者の読書術、ルール
    ○読書の真価は生き方に表れる
    ・読書と仕事の関わり
    ○本の底力
    ・思考のフックを作りセレンディピティを呼び寄せる
    ・スランプ時の器の醸成、人を見る目を養う、ストレスをコントロールする

  • 読書論として、すごく目新しいことが、書いてあるわけではないのですが、とても明快に本を読む意味について書かれていて、読書欲を刺激されます。

    興味や知識欲の赴くまま、自由に読めばいい。
    合わない本に自分を無理に合わせる必要は無い。
    時間は有限なのだから、ワクワクできる本に1冊でも多く出会えた方がいい。

    分かっていたような、分かっていなかったような…

    積ん読横目に罪悪感にかられてましたが、ちょっと気が楽になりました。すぐにでも読みたい本以外は、必要ないのかもなあ。

  • 読みたい本を読む。ベストセラーは読まないという著者。私の場合、書評を参考に本を選ぶ。書店に行ってうろうろしながら本を選ぶとういのは贅沢で楽しいという感覚は共感。
    まだまだ自分の読書量は少ないと実感。

  • ネットとかを含めての文字を読む、文書を読むということではなく、紙の書籍を読むことの重要性の話だったので、正直うーんという感じだったが、ありがちな漫画差別とかの読むものに対する偏見はそれほどない感じだったので、一応フーンという感じで最後まで読むことはできた。

    共感して真似するかどうかはともかく、こういう接し方もあるねという参考にはなると思う。

  • 読書に対する考え方は、概ね共感。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊藤忠商事名誉理事、日本中国友好協会会長


「2018年 『日本の未来の大問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)のその他の作品

丹羽宇一郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする