ハーバード×MBA×医師 働く人のための 最強の休息法 [Kindle]

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (221ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世間でよく効く健康法について、学術的な知見を交えながら解説されていました。効果について検証を要するものについてはその旨が書かれており、流行に流されない客観的な視点でそれぞれの手法について考えることができたように思います。

  • 勉強や仕事で成果を出す上で欠かせない、休息の取り方を解説した本。

    どんなに一生懸命に勉強や仕事をしても、休息を怠ったら成果を出すことはできません。成果を出す人はしっかりと休むことを重要視しています。

    本書は、科学的根拠に基づいた休息法をわかりやすく教えてくれます。

    勉強や仕事は根性論でやると心身を壊してしまいます。休む時間をしっかりと確保することが、成果を出すための最大の秘訣になります。

  • レーシック手術に向いている人として、アレルギー性結膜炎などでコンタクトをできない人と書かれていたのが気づきでした。

    また、将来的には後戻り可能なレーシック手術として、眼内コンタクトレンズ(ICL)が主流になるという話は初めて知りました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

順天堂大学医学部附属順天堂医院眼科

「2021年 『Allos ergon Vol.1 No.3 AIの入門から応用、将来の展望ー医療の現場に進出するAIに対処するために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猪俣武範の作品

ツイートする
×