超スピード文章術 [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.90
  • (10)
  • (11)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 128
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (242ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どのように書くか、より何を書くか
    素材がほぼ10割
    作法やよい文章にこだわらない

    カラーバス的、いつもネタ探しアンドメモ
    文章は寝かせる、一瞬でもいい
    読者と目的

  • 素材が9割

  • 「形容詞を素材に置き換える」位しか頭に残らなかった。

  • 文章を書くのが下手な自分にとっては参考になった

    個人メモ

    どう書くかではなく何を書くか
     独自の事実、エピソード、数字
    読者の立場でイメージする
    素材は多く集めて後で削る
    どんな課題をどのように解決しようとするのか

    ①資料の真の目的を理解する
    素材の集め方
     各目的と読者を定める
     素材を集める
     素材を組み立てる
     一気に書ききる
     見直す

    ②具体的な一人の読者をイメージする
     30代で大企業に勤めている男性
     30代でチームリーダーになったが、人前で話すのが得意ではない

    面白い素材の集め方
     イメージした層の人に聞いてみる
     自分で経験してみる
     ひたすらメモ
     メールの下書き→自分に送る

    文章を書く際

    素材を見える化→順番に並べる

    文章の構成として、まずは人に話すように大枠を書いてみる
    完璧主義を目指さない

    寝かせて、見直す

    全体から、細部へ
     読みやすく、分かりやすくする
     「読み手は何も知らない」

  • 「書く」ということが、これまで以上に求められる時代になってきているといいます。

    タイトルを見るとテクニック的なコツが紹介されているものと思ってしまいます。

    実際は「何のために書くのか」「誰に向けて書くのか」といったことを考え抜いた著者の主張がメインです。

    実際に早く書くためには「素材」集めが重要とのことです。素材をたくさん集めることができれば、全体の文章の流れを考え一気に書き上げることができるそうです。

    綺麗な文章、上手い言い回し、正確な句読点など、そういったことは気にせず、伝えたい人にどうやって伝えるのかを意識して書く練習をしてみたいと思います。

  • ブログを始めたものの、文章に苦手意識が強く、中々記事を書くことができなかったため購入。
    『文章をうまく書こうとしない』、『素材集めが重要』など、今までの文章に対するイメージが大きく変わりました。
    文章に苦手意識がある人はぜひ読んでみることをおすすめします。

  • 勉強になった。
    書いていることは当たり前のことではあるが、実績を出している人がここまでしっかりと言うと説得力がある。
    内容的には「とにかく素材を集めろ」「書けなくなったり速度か落ちるのは素材が足りないからだ」というもの。
    ごもっともですハイ。

  • 【超スピード文章術】

    1.文章を書くスピードを格段に早くするたった1つの秘訣は、この「素材」を意識すること。素材を意識するとは、「どう書くか」ではなんく「何を書くか」に集中するということ。

    2.LINEで交わされているには「うまい文章」ではなく「必要な情報」

    3.上手く書こうと意識するだけで手がとまる。

    4.文章執筆に時間がかかる最大の原因は、ゼロから文章を作ろとうすることです。文章執筆を、ビルとか家とか、建築物をつくるようなものだと考えてみてください。鉄筋、木材、窓、ドアノブ、水道管・・・・。建築物は無数の材料から成り立っています。

    5.素材が準備できていれば、早くかける。

    6.文章を書くことが決まったら、まずやるのは素材を探すこと

    7.文章を書くことが決まった瞬間から、常にアンテナを立てる。そしてどんどん素材を集める。そうすれば、書く前に、各内容が準備されている状態になる。だから書くことに困らず、早く書けるようになる。

    8.どう書くかより、何を書くかがはるかに重要です。大切なのは、文章のの表現ではなく、文書の中身だということです。文書の中身とはつまり、素材です。では文章の素材とはどんなものか。素材とは3つ「独自の事実」「エピソード」「数字」です。つまり読みてにこれを伝えたいと思う内容そのものを指すのです。

    9.結論から言えば、うまい文章なんて書く必要はありません。ビジネスパーソンが目指すべきは「わかりやすくて、読者に役立つ文章」です。

    10.読者が知りたいのは、具体的な事実。

    11.その文章を読んだ読者に、何を感じてもらいたいのか?ということころまで決めることで初めて、正しい素材を集められるのです。

    12.残念ながら「みんな」に向けた文章は誰にも伝わらない

    13.具体的な「一人の読者」を特定する。読者が決まらなければ「知人の1人」に決めてしまう。

    14.素材のストックはメールの下書きが最強

    15.見たもの、感じたことを書いてストックしてく。これらがそのまま、ブログやSNS投稿のネタになります。日頃から素材を意識しいると、ネタに困るようなことはなくなるのです。

    16.素材集めの方針は「多く集めて、あとで削る」

    17.しゃべるように書くと必ず伝わる。話し言葉でかくではなく、相手が目の前にいることを想定して。

    18.書き出しがつまらない文章が最後までよまれる可能性は低い。書き出しには「その先を知りたい」と思わせる内容を書く。

    19.完全主義がスピードを落とす。もちろん、最終的にには完璧な原稿に仕上げるわけですが、最初からそれを目指さない。推敲して整えることを前提に、まずは書ききる。

    20.スラスラ読める「リズム」を作る。ですます調の文章の中にである調を文章を適度に織り交ぜることでリズムをつくる。

  • 「ビジネスにうまい文章はいらない」とまったく同じ内容。同じ内容で本を2冊出すなら、そりゃ速くも書けるでしょうよ。

  • 文章を早く書けるようになりたいとは、今や誰もが思うことだろう。

    メール、日報、チャットの返信、企画書…。
    現代では、業務上文章を書くことは避けられない。

    つまり文章を書くスピードは、そのまま作業効率に直結していると言える。


    では、どうしたら文章を速く書けるようになるのだろうか。

    その答えは「素材を意識する」こと。
    言い換えれば、「どう書くか」ではなく「何を書くか」に集中することである。


    具体的には、書く前に、伝えるべきエピソードを洗い出すようにする。
    そして書く順番まで決めて、そこからようやく書き始めるのである。

    こうすることで、何度も迷ったり書き直したりすることがなくなる。
    内容が決まってないのに、勢いで走り出してしまうのはご法度なのである。


    またその際、形容詞や慣用句などの「表現」にこだわる必要はない。
    事実をありのままに伝えればいい。

    なぜなら読み手の目的は、文章を読むことではない。
    「情報を手に入れること」だからである。

    ならば「どう書くか」ではなく、「何を書くか」だけを考えるべきだ。


    自分はこのサイト(ブクログ)に、定期的に感想を投稿するようにしている。
    だが毎回ものすごく時間がかかっており、もう少し速く書けるようになりたいと思い、本書を手にとってみた。

    なお今回の文は、この本の指示する通りに、つまり素材を全て集めた上で書いてみたものである。

    だが結果としては、実践するのは難しく、とても「10倍速くする」とはいかなかった。
    やはり書いているうちに、ああでもないこうでもないと書き直したり、素材不足があって書き足したりしてしまった。

    だが本書の伝えることは正しいと思う。

    経験上、迷って時間がかかっても、その分内容が良くなることはまず無い。
    大抵はすんなり書けたときのほうが納得のいくものになる。
    つまり迷わずに書けるようになった方が、良い文章が書けるようになるはずだ。

    今後も練習して、速く書けるようになりたい。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上阪 徹(うえさか・とおる) ブックライター
1966年兵庫県生まれ。89年早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、ウェブメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。これまでの取材人数は3000人超。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売上は200万部を超える。著書に『成功者3000人の言葉』(三笠書房《知的生きかた文庫》)、『10倍速く書ける 超スピード文章術』 (ダイヤモンド社)、『JALの心づかい』(河出書房新社)、『1分で心が震える プロの言葉100』(東洋経済新報社)、『子どもが面白がる学校を創る』(日経BP)など多数。またインタビュー集に、累計40万部を突破した『プロ論。』シリーズ(徳間書店)などがある。

「2022年 『マインド・リセット 不安・不満・不可能をプラスに変える思考習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上阪徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
ジェームス W....
ブライアン・トレ...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×