まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.18
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当代の人気作家の一人、三浦しをん。
    その三浦しをんが直木賞を受賞した小説、『まほろ駅前多田便利軒』。
    作品は映画化され、続編も発表されました。

    『まほろ駅前番外地』
    https://booklog.jp/users/makabe38/archives/1/4167761025

    そのシリーズ第3作となる小説が文庫化されていると知り、電子書籍版で読むことにしました。

    今回の作品も、舞台は東京の西にあるという設定の、まほろ市。
    その駅前で”便利屋”を営む多田と、そこに居候している多田の同級生、行天が、主人公。
    便利屋に持ち込まれる、大小様々な依頼。
    それらの依頼に対処する、2人の姿が描かれています。

    そんな日常の中で、2つの大きな出来事が、2人に降りかかってきます。
    ひとつは、行天が苦手とする小さな子供を、預かることになったこと。
    もうひとつが、”無農薬野菜”を前面に押し出して活動している団体が、まほろ市に出没するようになったこと。

    このふたつ、プラスアルファの話が、全体の大きな流れとなって、小説が展開していきます。
    その成り行きを楽しむのが、この小説の味わい方のひとつ。

    そして、それらの騒動に対処するなかで、主人公の2人が自分の内面と対峙する様を読むというのも、このシリーズの重要なポイントだと思います。
    今回も、過去の辛い記憶とどう向き合っていくか、愛情というものをどのように表現するのか受け取るのか、といったことを考えさせてもらいました。

    この2人の”その後”を知りたい気持ちも残りましたが、このシリーズは本作品で完結のようです。
    残念ですが、しっかり味わわせてもらいました。

    この作家さんが次に、どのような作品世界を提示してくれるのか、楽しみにしたいと思います。

    『政と源』三浦しをん
    https://booklog.jp/users/makabe38/archives/1/B073GM66RN

  • 初読。シリーズ3作目。タイトルがうろ覚えで新作と気が付かずやり過ごしていたことに気が付きあわてて読了。今までの登場人物をかき集めてフィナーレへ。主人公2人の関係が、それぞれの重い過去を乗り越えて新しいステージへ。幸せなラストへもっていくために、一歩間違えばご都合主義的な薄っぺらいものになりそうなところを、しをん様が見事に導いてくれた。自然によかったよかった、と微笑ましくなりました。

  • まほろ市という町田をモデルにした架空の町を舞台に、二人の便利屋がトラブルに巻き込まれたり巻き起こしたりする話、完結編。

    相変わらず、行天は破天荒な動きをし、
    曽根田のばあちゃんは予言をし、
    岡老人は憤慨し、
    星は無茶な要求をし、
    由良公はマセた子供だし、
    多田は振り回されつつも付き合う。

    新たな登場人物や変化もあり、
    タイトルに違わず駅前で
    クレイジーな騒動も発生する。

    一連のゴタゴタの結果、
    多田と行天のそれぞれが抱えていた悩みも
    答は出つつあるのかなと。

    二人の間の対話だけでなく、
    町の様々な登場人物とのコミュニケーションで
    二人の中で整理がついていくのが良い。

  • 【「まほろ」シリーズ怒濤の完結篇】四歳の女児「はる」を預かることになって多田と行天は大忙し。まほろ駅前では前代未聞の大騒動が。抱腹絶倒感涙必至の完結篇!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)のその他の作品

まほろ駅前狂騒曲 単行本 まほろ駅前狂騒曲 三浦しをん

三浦しをんの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする