屍人荘の殺人 [Kindle]

著者 : 今村昌弘
  • 東京創元社 (2017年10月13日発売)
3.82
  • (5)
  • (21)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :111
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (331ページ)

屍人荘の殺人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オーソドックスな本格ミステリと見せかけて、やっぱり本格ミステリだったという作品。若干感情描写が強引というか...説得力が薄いんだけれども、新しい時代の本格を見たなという気持ちが強いので次作に期待したい。

  • こんなのアリか!?(笑)

  • 話題のミステリー読了。

    古今東西、密室殺人が数あれどこの展開にはびっくり。そしてわかりやすい展開、でも謎めいたトリック。ミステリーの王道にエンターテイメント性を加えたらこうなるって感じですかね。少しでも言っちゃうとネタバレになっちゃうから言えないことがもどかしい。。。

  • 久々の推理小説。
    ホラーとミステリーをミックスした作品なので強引な展開もあるが、状況を生かしたトリックはしっかりしてるし何よりゾンビ好きな私にはテーマパークで殺人が起きたような面白さがあった(笑)
    ラストの伏線の回収も素晴らしく爽快感がある。ただ犯人の動機がちょっと弱い。主人公を助手にしたがる女探偵も彼でなければいけない明確な理由が見えなかった。
    個人的に探偵役を明智くんにもやって欲しかったかな。良いキャラなのに非常に勿体ない。
    あと最後居なくなっちゃった人。闇に消えたのか…考えると怖いです。

  • 本格ミステリーものらしい。鮎川哲也賞を獲った作品らしい。鮎川哲也って誰だ? まあ、面白ければ誰でも何でも良い。久々に時間を忘れて読んでしまった。が、結句それほどでもなかった。すまぬ。(._.)

  •  普通の本格ミステリーと思ったら、ゾンビが出て来た。
    主人公の相棒がまさかってなるし、
    映像になったら面白そう。

  • このミス1位ということで期待値を上げすぎてしまったのか、ちょっと"期待はずれ"の印象を持ってしまった。

    本格ミステリーものとゾンビものの定石をうまく取り込みながらリミックスしている構成は面白かったし、熱中して読んだのは事実。
    コンパクトにまとまっていて、本格ミステリーとしてのロジカルさも楽しめて、"ゾンビ"という要素によるハラハラ感もあって、楽しい読書にはなったはずなんですが、なんとなく印象に残らない"消化"の読書になってしまった。

    あまりに"キャラクターもの"としての狙いが強いのが気になった。単に私の好みではないというだけかもしれないけど。。

    "死者"という特殊なアイテムをミステリーのなかでどう活用するか?という点でも、やっぱり山口雅也の「生きる屍の死」とかの強烈さに比べるとちょっと物足りなさが残ったというのが正直なところでした。

    "このミス1位"も年によっては「??」となる作品もあるんですが、去年の「涙香迷宮」とか、ストーリーはともかくとして技巧がぶっ飛び過ぎていてインパクトは強烈でした。なんだかんだ、そういう期待値を持ってしまったのが、純粋な読書ではなかったのかもしれないですね。。

  • クローズドサークル。登場人物多く、読むことに徹してしまう。明智と剣崎の役割が途中まではっきりしないから、物語が???になってしまう。

  • ある意味非科学的だけど、ロジックはしっかりしている。SFを道具に使ったミステリかな。

  • 2017-18の年末年始の帰省の為に購入した一冊(電子書籍でも一冊とかいうのか?)。
    デビュー作で三冠の快挙という売り文句につられて購入。
    ゾンビ登場でおいおいと思ったが、ちゃんと本格ミステリしてて今年最初に読了したことには充分満足出来た。
    ありがちな設定で始まる夏合宿。しかし、まさかゾンビの襲来で下界と切り離すとは。
    最後も名探偵がまだまだ健在で、続編が期待出来そうなのが○。
    でも、もうこの手は使えないよなぁ。

全17件中 1 - 10件を表示

屍人荘の殺人のその他の作品

屍人荘の殺人 単行本 屍人荘の殺人 今村昌弘

今村昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする