ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? Wシリーズ (講談社タイガ) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (2)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (242ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Wシリーズ⑦作目、Kindleにて。
    新しい人工知能ペガサスが登場。
    180327読了。

  • あーもーおもしろいなぁ!(笑)
    Wシリーズ7作目。ウグイを思い出すハギリ博士にニヤニヤ(笑)
    デボラもオーロラもペガサスも。みんなが人間臭くてほんと好き。
    あと三冊で終わるとか寂しすぎる。とりあえずはそろそろ出るだろう最新刊待ちです(やっと森さんの最新刊まで追いついた!(笑))

  • Wシリーズの7作目

    タイトルがいい。
    読み終わると「なるほどねー」となる。

    テーマが複雑すぎて感想がまとまらないので、書かないことにしました。

  • 登場人物に変化があり、いろいろと動いたような、でもまだ大事なことは何一つわからないままのような回だった。

    ウォーカロンと人の違いは過去作品にも述べられてきたが、ここに来て「クローン」に切り込んでいったのは作品の流れからして自然なことなのかも。

    人の次は、ウォーカロンと人工知能だという作中人物の主張も、現代社会の延長においてもそうなるのかもしれないなあとか、なんだかよく分からないことを考えていた。

  • 一応,人を殺しておくか,という感じで人が死んでいた.

  • テンポがいいよね。ポンポンポンと進む感じが好きだ。ミステリーではなさそうでミステリーにしっかりとなっている。
    設定が設定だけにSFとも言えるけど。まあジャンルを超えた面白さ。
    ”「感情ではないという意味ですか? では、何? 何が彼女のモチベーションなの?」 「もっと、そうですね、自然なというか、素直な行為だと想像します。つまり、見たいものを見るのではなくて、どこかでふと動いてものを見る、我々の目は、そうじゃないですか。自由に目を向ける。考えたいものを考えるというよりも、ふと考えてしまう。我々が、思いつきと言っているものに最上の価値があって、ただそれにすべてを委ねているのです。そういうものには、理由がない。きっと、幼い子供がそんな行動を取ると思います」”
    ”幸せというのは、言葉にすることでしかリアルにならないものかもしれない。”

  • 読み終わってから題名の意味に気づく。

    ウグイさんが!かわいい!
    ハギリ先生もことあるごとにウグイさんのことを思い出しててウグイロスなんだなぁ。私もです。でもサリノさんにも頑張ってもらいたい。

  • 背伸びをする人工知能。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? Wシリーズ (講談社タイガ)のその他の作品

森博嗣の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする