凪のお暇 2 (A.L.C. DX) [Kindle]

  • 秋田書店
4.12
  • (15)
  • (18)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 297
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1巻に続いてすぐに読んだけど面白かった!!
    慎二の空気を読むって相手にとって都合がいい酸素になることだから、そこに自分はいないってのは響いた。
    それが過ぎると相手にとって都合の良い人間になるだけなんだよね。。それでも私は慎二のように明るくは出来ないけど。。
    番外編の凪ちゃんのレジ袋蹴り上げるダイエットやってみたら、蹴った足を下ろす時に足音がうるさくてマンション暮らしにらは少し難しかった

  • モラハラ彼氏の慎二も実は空気を読む人だった。慎二の素直になれない心情と葛藤が描かれた2巻。隣人うららちゃんとうららちゃんママに対してマウントをとるような友達ママに対して憤りを感じたり、ゴンとの語りの中で、凪は少しずつ強く、主張ができるようになってくる。人は自分が人より少し上に立っていたい、正当化したいと思っていることが丁寧に描かれている。

  • 元彼くん、好きなんだろうけど、相手が自分の感情を抉られてしまうのなら、もう難しいなぁ。
    それにしても、節約術がすごい。

  • 30はターニングポイントと思い込むのがそもそも?女性の場合は妊娠出産考えると一つの曲がり角であることは間違い無い。は、さておき。失ってわかるの彼女の有能さ。手放したほうは空気読みの性は変えられない。「今目の前にあるものの中で工夫して楽しんじゃうのはどうだろう!?」隣の家の女の子にトラウマをほじくられて慰められる。後ろばかりむいてない凪は健気だ。「毎日答え合わせに必死すぎて自分のことしか見てなかったんだなって」自分のことすら見えてない人もいるわけで。気がつけただけラッキーだ。

  • -

  • 慎二よ…
    もっと自分に素直になるのです…

    モラハラなところがなきゃそれなりに良いやつっぽいんだけどなー。
    色々ありそうだからなー。

    読んでるとイラッとしてしまう。

    それだけ、描写が真に迫っているということなんだろうな。

  • 主人公凪ちゃん。マウンティングしてくる
    元同僚にも言い返せるようになりました
    ところが 言い返しているうちに
    自分だって そうなんだよな。と 我に返る凪ちゃん
    漫画の中で 主人公が自分を客観的に見つめてて
    一方的に主人公バンザイにならないところが
    この漫画の面白さですね

  • 凪の彼氏の慎二の葛藤が見られる。

    俺、プライドとか無いから。と言い放つ彼の実際は空気を読む、凪と似たような姿だった。
    ただ彼と凪が違ったのは、彼が強い人間で、凪が弱い人間だったことだろうか。
    そんな彼が凪には強いプライドを持って接している。

    彼にとっては甘えられるのは凪だけだったのだろう。
    そんな彼は愛の言葉を上手く伝えられずに、凪に誤解されてしまう。
    仕事ではプライドを捨てられる彼のそんな葛藤がとても人間らしさを感じられる。

    彼は良い人間では無いが、応援する気持ちになってしまうのは、作者の腕前に依るところ。

    前に進もうという気持ちの凪の目に再び彼は映るのだろうか。

  • 凪のもがいてる感じ、すごくわかる。
    息苦しさ、すごくわかる。

    頭の中で起きてること、わかってること、まだ自覚してないこと、わかる。
    慎二くんも色々ありそうで先が楽しみ。

    とりあえずトーストおいしそうだった!
    このシリーズ、ちょちょっとできるレシピや小ネタが楽しみのひとつです。
    読むほど好きになります。

  • はぁー!笑 かわいそうでかわいそうでホッとする!笑 楽しい漫画

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

コナリ ミサト
7月22日生まれの女性漫画家。かに座、O型。趣味は半身浴、ファッション雑誌モデル鑑賞、古着屋めぐり、飲食(カレー・ビール・焼肉)など。2004年にデビュー。ファッション誌『CUTiE』で『ヘチマミルク』を連載し、人気となる。『珈琲いかがでしょう』が、2018年に『アニメBeans』にてアニメ化される。代表作に、『Eleganceイブ』で連載中の『凪のお暇』があり、2019年7月に黒木華主演でTVドラマ化。

コナリミサトの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする