キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫) [Kindle]

  • 文藝春秋
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (259ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当代の人気作家の一人、伊坂幸太郎。
    文庫化された作品を読んできたのですが、電子書籍化されている作品が限られていることもあり、最近フォローのペースが落ち気味になってきました。
    あらためて電子書籍版の作品を探したところ、芥川賞作家の阿部和重と組んだ合作があることを知り、読んでみることにしました。

    舞台は山形から始まります。
    ホテルで再開した、幼なじみたち。
    子供時代からトラブルメーカーだった、元エースピッチャーを中心に、事件が起こります。
    そして、その事件とは別に進行していく、山形を舞台にした過去の出来事の話。

    別々に描写される話が、いつしかリンクしていきます。
    幼なじみたちが遭遇した事件の展開、そしてもうひとつの話に関連した謎解きが、物語の主軸になっています。
    話の展開を楽しむとともに、複数のテーマが盛り込まれている作品だなと感じました。
    ・避けられない暴力
    ・借金
    ・医療問題
    ・個人情報の管理
    ・情報の統制捏造
    ・理不尽
    ・権力の怖さ
    文庫版は上下巻600ページを超える大作なのですが、映画「ターミネーター」を連想するスリリングな展開に、次へ次へとぐいぐい引き込まれました。

    下巻のあとがきによると、どこが阿部が書き、どこが伊坂が書いたかは公表されておらず、あくまで”合作”であるとのこと。
    伊坂幸太郎小説の面白さをあらためて認識するとともに、今回はじめて読んだ阿部和重の作品世界にも浸りたいと思わせてもらえた、作品でした。

    『キャプテンサンダーボルト 上』
    https://booklog.jp/users/makabe38/archives/1/B0773NVB18

  • 後日譚も良い感じ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)のその他の作品

阿部和重の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする