ちはやふる(36) (BE・LOVEコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (6)
  • (17)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (176ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どこからだったっけと前巻を読み直した。ちはやも太一もなんかすごく大人になったもんだなという印象。

  • 2017.11.25.読了

    発売と共に購入したのに、忙しいすぎて今まで読めず。
    しかも、35巻から復習が必要だなんて…

    理音って 一学年下かと思ってたけど、
    ちはやと同学年なのね。

    やっぱり ちはや 好きだわ。
    まつげ君もめがね君も好きだけど。

    須藤さんもいい味出してきてるから、
    負けないで欲しいけど、太一と対戦だからなぁ

    2018/2/13楽しみにしています。

  • 緊迫の準決勝。主人公3人とも勝ち残ってるしクライマックスの気配に息を止めて(勿体無くも)読むスピードが上がる。しかしそれぞれの対戦相手もこれまでの人生掘り下げられているしで先が全く読めない。才能と気力と体力と…姑息な手までも容赦なく襲ってくる。誰のために戦かうのか。究極の問いだな。一抜けは新。

  • いつもは買ったばかり、何度も読み直す大好きなコミックなんですが、なんか今回は嫌な気分になってしまって、一度読んだきりです。

    札が浮かび上がってくる
    完璧な暗記によって、・・・のあたりは良かった。

    次号に期待します。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2021年 『ちはやふる(46)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

ツイートする
×