ダ・ヴィンチ 2018年1月号

  • KADOKAWA
3.54
  • (0)
  • (15)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910059870188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 特集のBOOK YEARが読みたくて。
    古内さんの『マカンマラン』のインタビュー記事がよめてよかった。シャールさんが出ている作品が他にあることを知る。読まねば。
    来年の出版予定も楽しみ

  • ひさびさに本が読みたくなったのでこれまたひさびさに図書館で借りてきた
    読みたい本17冊......
    どれだけ活字から離れてたのかを改めて痛感
    あぁ、睡眠時間2時間程度で充分な人間になりたい

  • 2017年で一番読まれた本や読者の好きな作家、2018年に発売される本についてなど、読み応えがあった。
    新人賞受賞や、最近デビューした作家へのインタビューもあって、小説を書いている身として、気になった。
    オススメの本で、久し振りに海外文学を読みたくなった。

  • 読みたい本が多すぎて困った( ^ω^ )

  • 「マンダリン・ジプシーキャットの籠城 第伍話」鳥飼茜

  • 高橋由季さんのイラストが可愛い。
    文系臭ぷんぷんで素敵です。
    たくさん読みたい本が見つかりました。

  • アンケートで答えたことが一文だけど載っていてうれしかった。特集もゴージャスでじっくりと読む。
    これから出版される予定の作品のチラ見せの『隠し球はコレだ!』を見て思わず震える。
    澤村伊智本(あ、呼び捨てはヤバいんだった…「黒い家の刑」にされちゃう…)…澤村伊智先生の本が数冊出版予定ではないかっ!!
    まだ読んでいない本の続編も続々と出版される……。あぁ、どうしましょ。。。
    (ちょっとめまいクラクラ…orz)
    読みたい本はますます増え、本当に困ってしまいます。

    とりあえずチェック本。

    『縫わんばならん』古井真人
    『青が破れる』町屋良平
    『楽園』夜釣十六
    『横浜駅SF』柞刈湯葉(イスカリユバ)
    『破滅の王』上田早由里
    『岩塩の女王』諏訪哲史
    『やみ窓』篠たまき
    『世界からバナナがなくなるまえに』ロブ・ダン
    『サイコパス』中野信子

  • 目的とは全く関係ない経験をすることで、本来の目的が達成できるようになった

  • 図書館にて。ランキングと出版社の刊行予定情報が知りたくて手に取った。小説1位は辻村深月さんの『かがみの孤城』になったのね。読友さんの感想を見て予約落ち着いたら読もうと思っていたが、その時期はいつになるやら。漫画ランキングは特に目新しいものはない、「このマンガがすごい」の方をチェックしてみたい。大今良時さんの『不滅のあなた』ランク外であったことショック。出版社の今後刊行予定は工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん」シリーズ4月新作発表予定、時計野はりさんの『学園ベビーシッターズ』ノベライズ刊行予定は嬉しかった。

  • 恒例のブックオブザイヤーは意外な作品が一位だと感じ、やっぱり面白さなどからも納得だなと感じる。様々なコーナーからも読みたい本が増えて、ワクワク感。世間を席巻させたうんこ漢字ドリルの著者は文豪らしさを醸し出しているようだった。読書メーターランキングでは、『火花』の文庫がランクインしたように安定感とともに、人気の本のブームの長さを感じさせる。『蜜蜂と遠雷』人気は納得、本屋大賞と直木賞受賞効果の大きさを物語っている。高橋一生さんのインタビュー、塩田武士さんと筒井康隆さんの対談は面白かった。

全16件中 1 - 10件を表示

ダ・ヴィンチ 2018年1月号を本棚に登録しているひと

ツイートする