お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
4.13
  • (44)
  • (37)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 376
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者はまず「経済の本質とはなにか」を丁寧に紐解きます。現在は中央集権的な国家が存在することを前提とした資本主義が経済のスタンダードとなっていますが、今後、ブロックチェーンによって「分散自立化」が進むと、経済が「資本」ではなく「価値」を中心としたものに移行していくと予想します。これまで資本主義経済では評価できなかった”共感””熱意”といった内面的な価値や社会全体の持続性を高めるような社会的価値を評価できるようになり(VALUやタイムバンクといったサービスが先行事例)、動産・不動産ではなく社会的なネットワークが資産となり、人々はお金を稼ぐためではなく、人生の意義を見つけるために働くようになる、と予見します。

  • 仮想通貨やフィンテックに対して「なんだか怪しい」という人にも、「儲かりそう」という人にもおすすめの話題の一冊。
    タイムバンクやレターポットなど旧来の価値観を超える新しい仕組みについて理解を助けてくれます。

    お金を増やすこと自体が目的化して実体経済や生活と関係のないところでお金だけが動くことになってしまった資本主義。
    膨れ上がった資産によって、次第にお金の価値が下がり、増やすことが難しい信頼や時間の価値が相対的に上がっている。
    手に入らない希少性の高いものの価値が高くなり、成熟した社会では、より社会的価値や内面的な価値に重きがおかれるようになる。

    まったくあたらしい話のようで、当然の摂理の延長線にいるように気づかされる。
    変化のスピードが一世代の中で起きるには早すぎて拒絶反応を起こす人もいるのだろうけれど。
    フィンテックはゲームチェンジャーになり得る。旧来の経済圏では得られなかった可能性を秘めていてたくさんの人に機会を与える。
    それに期待するのも畏れるのもまた自然の摂理。弱肉強食ではなくて適者生存のほうが少しだけ色濃くなるのでしょうか。
    そんな世界の狭間に生きていることが、ゾクゾクとワクワクと。

    自分の中の真善美。スキと感じる価値を大切にしよう。
    「お金」の多寡に囚われず、判断基準を「価値」にシフトしよう。
    時間を大切に。人を大切に。

  • お金の本なんだけれど、ただお金だけの話ではなくて、AIとかブロックチェーンとかいろいろ新しいテクノロジーが生まれてくるなかで、これからどういう方向を向いていくのか?という本です。

    ・今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」
    ・「共有経済(シェアリングエコノミー)」「トークンエコノミー」「評価経済」
    この3つは分散化が引き起こした大きな流れの一部
    (シェアリングエコノミー:Uber、AirBnB、メルカリなど)
    ・内面的な価値に着目する

    タイトルに「お金」とうたっているものの、それだけに留まらない内容を含んでいる本だと思いました。
    これからの世界の方向を読み解くために、読んでみるべしと思います。

  • 目次 : 第1章 お金の正体(3つのベクトルが未来の方向性を決める/ 急激に変わるお金と経済のあり方 ほか)/ 第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ(テクノロジーの変化は点ではなく線で捉える/ 今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」 ほか)/ 第3章 価値主義とは何か?(限界を露呈し始めた資本主義/ 資産経済の肥大化と金余り現象 ほか)/ 第4章 「お金」から解放される生き方(人生の意義を持つことが「価値」になった世代/ 若者よ、内面的な「価値」に着目せよ ほか)/ 第5章 加速する人類の進化(お金にならなかったテクノロジーに膨大なお金が流れ込む/ 電子国家の誕生:エストニア ほか)

  • 大局的な視点、並びに、今後の世界経済・環境のシフト予測は示唆に富んでいて非常に面白かったですし、内容に関しても概ね同意です。

    但し、メタップスを経営されている筆者の佐藤さんが本書で結論に辿り着くに至ったもう少し具体的な経営をする上での実体験にもう少し触れられていると、もっとよかったのではと思いました。

  • タイトルはお金2.0だが、内容としてはそこまでお金ばっかりの話でもない。

    資本主義経済のあとの世界がどのようになっていくか。それは価値経済であり、テクノロジーの発展により今まで可視化できなかった様々な価値が可視化されるようになり、様々なルールの世界を選択できるようになる、という内容と解釈しました。

  • お金の未来というか、社会の未来のことを書いたビジネス書。たしかに、10年前には、「ユーチューバー」などという職業で飯が食えるようになるなんて思わなかったし、AIやロボット技術が発達し、労働の必要性がなくなってくればベーシックインカムですら夢物語ではなくなってくる。これからの我々が持つべきスキルは、自分だけが持っている得意なものをいかに伸ばすかということにかかっている。

  • 想像以上に面白かった。

    以前から本屋に平積みにされていたのは認識していたけど、『お金2.0』なんて、何となく俗っぽく感じて、手に取ってみることもなかった。そんな本なんだけど、何故、買ったのかな(笑) でも、本のタイトルとは違って、示唆に富むことが多かった本。特に、国家通貨と中央銀行を取り上げて、我々が現在、絶対的に信じている中央銀行の歴史なんて、そんなに古くないこと。持続的な経済システムを動的システムととらえ、プリゴジンがいう散逸構造が大切であるという指摘。そして、経済やお金といった社会学的な分野が、人間の脳の報酬系という生物学的な分野とつながっているということ。さらには、経済とは「欲望のネットワーク」であると捉える、鋭い指摘。そういう部分は大いに考えさせられた。

    一方で、後半部分の価値主義の議論については、個人的には本当にそういう未来がやってくるかなと疑問を持つ点もある。確かに、お金がすべての価値でなくなる余地は大きいが、一方で、人間の歴史は、それこそ「欲望の歴史」であって、そんな簡単に人間の欲望が、自分が大切だと思う価値に立脚する時代が来るかというと、それは違うんじゃないかなと思う。やはり悪いやつはいて、いいやつを騙す構図は変わらないから、他人を支配したい、世の中の主導を握りたいというやつが、個人の価値観に勝ってしまうんじゃないかと思ったりする。

    それを差し引いても、前半部分の考察は読む価値がある。著者自身が貧乏な中で大きくなり、お金について常に考えていたからだろうと思う。

  • 同僚のすすめで読んだ。

    私はお金や経済への関心が薄い(と思っている)タイプだったが、「価値主義」は自分にしっくりくる考え方だった。
    そして資本主義的な価値観になぜ自分があまり魅力を感じないのか、その1つの答えを提示されたようだった。

    ミレニアル世代に生まれた自分のモチベーションがどこにあるのか、考え直すキッカケにもなった。

  • 今起こっている社会の変化と、それに合わせたお金の変化について概略的に説明している本。変化を俯瞰したい人には面白い内容だと思う。
    「今台頭してきている技術や考え方は来たる価値主義のパーツとなるもの」って視点が面白かった

全41件中 1 - 10件を表示

プロフィール

福島県生まれ。早稲田大学在学中の2007年に株式会社メタップスを設立し代表取締役に就任。2015年に東証マザーズに上場。フォーブス「日本を救う起業家ベスト10」、AERA「日本を突破する100人」、30歳未満のアジアを代表する30人「30 Under 30 Asia」などに選出。2017年には時間を売買する「タイムバンク」のサービスの立ち上げに従事。宇宙産業への投資を目的とした株式会社スペースデータの代表も兼務。
『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)で「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」リベラルアーツ部門賞を受賞。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)のその他の作品

佐藤航陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする