みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門 (スマート新書) [Kindle]

著者 :
  • note
3.85
  • (7)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (88ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本で印象に残った内容は誰に対して文章を書くのかというところで
    読み手のことを想像するのはもちろんだが、過去の自分に対して書く。
    ということが非常に面白いなと感じた。
    他にも相手に自分の思いを伝える文章のコツがわかりやすく端的に記されており、
    文章術の入門書とするには十分な内容となっている。

  • 簡潔に伝わる文章のコツが記述されていて良かった。内容自身は文章だけじゃなくてビジネスにおける会話やプレゼンなどにも通じると思う。ブログとか書く人は是非。

  • 文章を書いて少しでも違和感を感じたり、書きにくさを感じている人におすすめしたい。
    すごくわかりすくて読みやすかった。章が短くまとめられていて、サクサク読み進めることができる。こういった文章に関する本は少し高圧的に感じることが多いが、本書は読者に寄り添った明日にでもできるコツを優しく的確に教えてくれると感じた。
    Kindle Unlimitedで読んだが実際の書籍も購入し、何度も読み返そうとおもう。

    Kindle Unlimited

  • 論理的な文章になっているか確認するには、接続詞をつけてみれば良い。繋がってればok

  •  コンパクトにまとまっていて読みやすい。
     人を動かす文章は論理的かつ情動に訴える2面性が必要という話。

  • 読みやすかった。


    文章は、論理的に正しくないといけない。
    正しい上で、読んでもらうためにはおもしろくないといけない。
    起転承結の構成を使う
    読み手が当事者意識を持てるようにする
    対話を意識。フリとツッコミ。
    大きなウソは許されるが、小さなウソは許されない。
    全部書かない。引き算。
    あの頃の自分に向けた手紙を書くように文章を書く。

  • 「あなたがカート・ヴォネガットの小説を読んで、めっちゃくちゃ感激したとします。なんなんだこれは、これを読まないなんて人生損してるぜ、みんな飲み会なんかドタキャンして今晩これ読めよ、と興奮しまくったとします。そして、激賞の感想文をブログに書くとします。さて、このとき真っ先に「いますぐ読め!」と伝えたい相手は誰なのか?答えはひとつ。他ならぬ自分なんですね 」

    接続詞の話、起転承結の話はたしかにと思った。

  • 文章を書くコツがシンプルにまとまっていてわかりやすいです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

●古賀史健(こが ふみたけ)
 1973年、福岡県生まれ。ライター、株式会社バトンズ代表。『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(共著・岸見一郎)、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』ほか著書多数。2014年「ビジネス書大賞・審査員特別賞」受賞。最新作は幡野広志さんの思いをまとめた『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(ポプラ社)

「2020年 『雨は五分後にやんで 異人と同人Ⅱ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古賀史健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×