毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社タイガ) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (297ページ)

著者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。日本脚本家連盟会員。本作の舞台となる静岡県で育つ。上京後、放送作家として音楽番組を中心に携わった後、2017年『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』で第54回メフィスト賞を受賞しデビュー。同作は、2018年第7回静岡書店大賞<映像化したい文庫部門>を受賞する。男女問わず共感を呼ぶ丁寧な心情描写を武器に、サプライズ溢れる恋愛小説を綴る。

「2019年 『透明なきみの後悔を見抜けない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

望月拓海の作品

毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×