専業主婦は2億円損をする【期間限定 無料お試し版】 [Kindle]

著者 : 橘玲
  • マガジンハウス (2017年11月16日発売)
3.67
  • (6)
  • (8)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

専業主婦は2億円損をする【期間限定 無料お試し版】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他人に依存する人生は楽しくない。これからの日本では専業主婦優遇制度はなくなる。実際に海外では男性より賢い女性の方が裕福になりつつある。生涯現役ならば老後の問題はない。生涯現役を超える最強の人生設計はない。生涯現役でいるためには「好きを仕事にする」のが良い。好きな仕事を見つけてスペシャリストになろう。フリーエージェント(自営業)のクリエイターやスペシャリストの仕事は会社に縛られないので時間の融通が利く上、定年がない。

  • 結婚後、出産をすると女性の人生は大きく変わると改めて思った。まだまだ幼い子を保育園に預けて働くと、イライラして生活に余裕がなくなるのは容易に想像できる。しかし、本書を読んで女性に負担がかかりすぎていること、子育てへの凝り固まった考えが根付いていてしまっていることに気がついた。

  • 本筋とは違うけど三歳児神話をさらっと論破してる(子供は子供の中で育つのが人間の歴史の中ではふつう、とか)わたしも自由でいるか子供を産むか。の二者択一が当然だと思っていたし大学時代からそのつもりで仕事選んできたけど、、そもそもおかしな話すぎるよね。なのに国は子供産んで欲しがる。子供産んで自分の収入持つのは自分が思ってる以上に大切なことだと痛感する。Twitterで専業主婦アカウントフォローしたらわかる。閉塞感で見てるこっちも苦しくなる。西原理恵子も言ってたけど自分の収入持つのは絶対大事。大企業ですらどうなるかわかんないのに夫っつうたった1人の人間に自分と子供の生活を100%依存するリスクめちゃくちゃやばい。

  • 今の時代のベストな回答?としては生涯共働きかぁ。なるほど勉強になります。
    仕事の働き方の話とかはまさに私が目指している仕事の形だったので、実現するように行動していきたいです!

  • 改めて女性は働くべきと感じた。

    女性の働く環境が厳しいことは間違いないが、専業主婦を好んで選ぶ女性が多いのも事実。

    自分に言い訳をしたり甘えることなく、社会に進出してほしい。

    今の日本社会は男性中心であることを考えると、女性が社会進出すると日本が大きく変われる可能性がある。少子高齢化・年金問題などの社会不安が多い現在の日本にとっては、ある意味、新たなフロンティアの開拓になるかもしれない。

    男性側も保守的にならず、めんどくさがらず女性の進出を歓迎し、本当の意味での男女平等社会になるよう育てていくべきだろう。

  • さすがの安定感。橘さんの著作群の中で、初めてネット炎上した記念碑的作品としても意義深い。内容は愛にあふれている。相変わらず流石の分析。

  • 再読なし。評価×

  • この著者の作品は良く読むので、言わんとしていることは理解している。
    個人的にこの著者の良いところは、みなが思っているが言いにくいことをズバッと言ってくれるところ。ホリエモン的な。

    現在専業主婦でなく、これから専業主婦になろうと考えている人向けの内容

  • 私も少子化に貢献する一人です。いちいち納得することばかりだ、この本は。橘さんの本はやっぱりいい。

  • タイトルが釣りのような気がした。
    専業主婦なんてやめてフリーランスで稼ぎましょう、そしたら生涯で2億円稼げるよ、という話。
    基本は日本の現状を批判しているが、数年前から言われているような話が繰り返されている印象。

全14件中 1 - 10件を表示

専業主婦は2億円損をする【期間限定 無料お試し版】のその他の作品

橘玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

専業主婦は2億円損をする【期間限定 無料お試し版】はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする