現代思想 2018年2月号 特集=保守とリベラル――ねじれる対立軸 [Kindle]

  • 青土社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (383ページ)

著者プロフィール

岸政彦(きしまさひこ)
1967年生まれの社会学者。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。研究テーマは沖縄、生活史、社会調査方法論。
『断片的なものの社会学』で紀伊國屋じんぶん大賞2016を受賞。初の小説「ビニール傘」(『新潮』2016年9月号)で第156回芥川龍之介賞候補及び第30回三島由紀夫賞候補。
その他の著作に、博士論文を元にした単著一冊目の『同化と他者化』、『街の人生』、『はじめての沖縄』、雨宮まみとの共著『愛と欲望の雑談』、『質的社会調査の方法—他者の合理性の理解社会学』(石岡丈昇・丸山里美との共著)などがある。

現代思想 2018年2月号 特集=保守とリベラル――ねじれる対立軸のその他の作品

岸政彦の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

現代思想 2018年2月号 特集=保守とリベラル――ねじれる対立軸を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする