乙嫁語り 10巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / エンターブレイン
4.33
  • (11)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乙嫁10巻はカルルクさんがアミルさんの実家で修行中。カルルクさんの独り相撲っぽい感じもあるんだけど、できることを増やそうとすることはいいことだ。「メスのほうが体が大きく力も強い。勇敢で狼にも恐れず飛びかかる」ワシ遣いの極意らしいっす。アゼルさんが意外によい師匠で。意外だ。一方のスミスさんは牛の歩みでアンカラに移動中。「慣れても落ちる。慣れると落ちる。慣れても落ちないよう気をつけりゃいい」ガイドのアリさんのこういう人を食ったところ好きなんだが、まぁそれ以上でも以下でもないんだろうね。

  • カルルクさん良いよね。怨念を超えるというのは法の力であり、失敗国家を法治国家に変える重要な要素なのだと思った。さて、グレートゲームが始まる。

  • 頑張るカルルク、イヌワシたち、狼の横顔。
    眼福でした。

    鳥は空を飛んで生きるもの。
    馬は野にいるもの。
    狼は狼。
    揺らがないアミルも、とても美しいです。

    そして、まさかのタラスさん。
    良かったねえ…(T-T)

  •  カルルク君の成長が読んでいて眩しい。そしてアミルかわいいよアミル。
     1巻から読み返したくなる。

     また、肉食についての本を読んだ後なので、狩猟に対する意識がとても面白い。

  • 背伸びしたいカルルク、だけどちょっと甘えん坊。姉さん女房が強くて、義兄さんがかっこいいとそりゃあ、いろいろあるわな。遊牧民のほうが生活環境が過酷だからより頑強なわけだけれど、時代の波がそればかりじゃあ生きてはいけなくなっているんですね。それにしても、カルルク大きくならないね。そりゃ、悩むわ-。それにしても、スミスさん……びっくりな展開。こんなのありなんだ。結婚も家族の、親の胸三寸なのに。でも、……いやなフラグな気がするなー。

  • アミルのために強くなりたいカルルクがかわいい!

  • カルルクと兄貴たちの交流は単純に嬉しいと思った

    カルルクが入っても、
    無愛想でも察しが悪いけど優しいアゼル、ムードメーカーで世話焼きのジョルク、面倒見が良くて察しのいいバイマト、の3人組は相変わらず

    あとスミスの話
    まさかのタラスさん再登場
    金の懐中時計捨てちゃったもんなあ

    死なせたくない人が同行することと、生きてるうちに会いたい人ということばがスミスの選択肢を変更させるかな?

  • 乙嫁語り10巻発売! さっそく読みました。読み終わりました。面白かった!

    今回はカルルクさんの狩り修行と、スミスさんのその後。しばらくパリヤさんの話が続いていて(それも楽しかったんだけど)、たまにはアミルの話も読みたいなぁ、とか、そういえばスミスさんはどうしてたかしら、なんて思っていたので大満足です。動物や布の描き込みが美しいのもいいですね。ストーリーも素敵だし、絵も美しいし、早くも次の巻が楽しみです。その前に、また1巻から読み返そう。

  • や~、もう、カルルクがかわいすぎる❗って言ったら本人は不本意だろうけど、健気❗一途❗
    アミルに好きになってもらえるように強い男になりたいと願う、その気持ちがステキだ❗
    しかし、「僕でいいの?」「あなたが好きなの」とゆー、本来ならもっと早く主人公ふたりがやり取りするはず。やっとこさお話の王道というか本筋に乗ってきたなぁ。

    まあ、この物語は、脇道に逸れまくりのエピソードもめちゃくちゃおもしろいから、いいのです。

    そして、まさに忘れた頃にやってきた、スミス氏とタラスさん。この先いろいろ問題はあるだろうけど、再会❗この時代に、あんな別れかたして、再会できるなんて奇跡に近い。良かったなー。タラスさんの旦那さんも、なんていい人だ❗
    思わず泣いてしまうスミス氏、大好きです。

    相変わらずの絵の美しさ、緻密さ❗今回特に動物(鷹含む)のシーンが多くて、正確かつ精悍な野性動物たちの動きがすばらしい。駱駝の毛刈りも笑えたけど、すんごい細かい描き込みで、美しかったです。

全9件中 1 - 9件を表示

乙嫁語り 10巻 (HARTA COMIX)のその他の作品

森薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

乙嫁語り 10巻 (HARTA COMIX)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする